スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Athens 1日目 in オランダ生活259日目

11月12日(金) 曇りのち、雨

今日はギリシャ旅行の日だ。

昨晩は大変な嵐で、強風が吹き荒れていたが、幸い今朝は小雨が降るものの問題なさそうな天気だ。

5時57分発の電車に乗ってEnschedeを出発し、ギリシャのAthensに向かう。

ちなみに今回の旅では、初めてオランダのKLM航空を利用した。
バーゲンセール中だったので、Amsterdam⇔Athensが税込み、197ユーロと安かった。

9時半のフライトに対して、嵐のせいで電車のダイヤに乱れがあるかもと早めに家を出ていたが、
それほど遅れることもなく、8時20分ぐらいには無事、Schiphol空港に到着することができた。

KLMは流石にeasyJetとは違って、15分ほどの遅れで一路、Athensに向けて出発した。
機内では軽食のパンが出され、飲み物もお菓子も無料だったので、逆に新鮮に感じた。

ともかく、フライトは順調で出発の若干の遅れも取り返す形で、3時間の旅を終え、
定刻通りにAthensに到着。
オランダとギリシャの時差は1時間の為、現在時刻は13時30分。

空港からホテルまでは少しトラウマでもある地下鉄を使って移動する。
つい10日ほど前にスペインのMadridの地下鉄で財布をスラれて一文無しになった記憶が蘇る。。

地下鉄の駅は、Athensの国際空港から少し離れている。
っといっても動く歩道(エスカレータ)に乗って、3分ぐらいの所にある。空港を出て左側奥。

切符売り場は、自動販売機が少ないので、窓口で購入することに。
地下鉄の切符は、一日有効券などがあるようなので、3日有効券があるかなと
思って、それを買ってみることにした。

あるのかどうかわからないが、とりあえず3days ticket,pleaseといって出てきたのが、6ユーロする切符。
(ガイドブックには24時間有効券で3ユーロとあるので、こんなもんかと納得していたが、、、)
この切符には何も書いてないので、よくわからん。


後で、このチケットを市内の窓口で確認したところ、単なる1wayチケットだった。。
どうも空港乗り入れ料が高くて、片道6ユーロもするらしい。。しかし、相変わらず英語通じてないな。。


ともかく、切符をゲットしたのでこれを有効化(Validation)しなければならない。
有効化してないと不正乗車とみなされるので注意が必要だ。

ただ、切符を有効化するマシーンはしょぼくて、日付の印字が見にくい。。

駅のホームで、市内にいく地下鉄の電車を待っていると、イタリア人ぽいキャリーを引いた男が
こっちのホームで良いのかと聞いてきた。

前回、スラれたことで警戒心が高まっている私は、「たぶん、そうだよ」と言って、
早々に会話を打ち切った。男は、「ここ禁煙かな?でも吸殻捨ててるしなっ」とか言っていたが、
「俺は知らんよ。」と言ったらホームの端で吸ってくるといって歩いていった。

スーツケースも持ってるし、普通のフランクな旅行者だったのかな。っと思ったが、
警戒せざるを得ない。。しばらくして電車がホームに入ってきたので、乗ろうと思ったら、
またさっきの男が、知らない内に横に来ていて、「この電車??」って聞いてきた。

「他にも乗客はいるのに、なんで俺ばっかり聞くんだ。」っと思いながら、
怪しい感じがありありとしたので、その男とは別の車両に乗り込んだ。
その男が普通の観光客なら悪いけど、今回は仕方ない。

周りが安全そうな乗客であることを確認して、席に座る。

しかし、地下鉄なのですぐに出発するかと思っていたが、なかなか出発しない。
どうやら、郊外電車が地下鉄に乗り入れているので、空港駅から地下鉄の駅までの間の
郊外電車の区間は、30分に一本みたいだ。

電車の中で待つこと20分ほどでようやく駅を出発。

車内はなんてことは無い、ありふれた普通の平和な雰囲気だが、前回のMadridも地下鉄の雰囲気は
それほど悪くなかったのにスラれたので、全く気が抜けない。

今回、貴重品のパスポートとカード以外、キャリーに放り込んで荷物を一つにしているが、
どこに犯罪者がいるかわからないので、自分的には鋭い眼差しで、周囲の乗客を凝視。
(普通の庶民にとっては、変なアジア人だと思われるだろう。。)

ここで、ホテルのあるオモニア地区はアテネでも治安が悪い所とされているっというガイドブックの
記事を思い出して、少し鬱になる。これからどんな所が待ち受けているのだろう。。

トラウマな地下鉄での移動に耐えること20分程で街の中心であるシンタグマ駅に到着。
ここで乗り換えて、オモニア駅を目指す。

そして5分ほどで、オモニア駅を到着。
ガイドブックでは、地元の人もあまりオモニア駅には降りたがらない。っとある。
どんな所やねん!

スーツケースを盗られるのを警戒して、周囲を見渡しつつ、地上にでる。

オモニア広場。
greece_12_Nov_1

オモニア広場周辺は、夜になると怪しげな者達が集まるようだが、15時の段階では特に変な感じはしない。
駅からホテルまでは徒歩3分くらいの所なので、足早にホテルに向かう。

途中、移民と思われる黒人の数人のグループが何をする訳でもなく、路上に突っ立っているのが散見される。
やはり、こういうのをみると治安が良くなさそうだ。。
メインストリートから外れた路地などは、建物の雰囲気も悪い。

少し、ホテルの場所が分からず焦ったがなんとか、別のホテルのスタッフに聞いて、
これから4泊するホテルに到着。

外の雰囲気とはうって変わって、ホテルの雰囲気は悪くなく、ホテルスタッフも
これまでのどの国のスタッフより親切だった。ホテルの部屋も悪く、広くて設備は充実している。

とりあえず、荷物を置いた後は、暗くなる前に駅前がどんな感じか少しぶらついてみた。
前述の何をするでもない男達の集団が所々にいるが、一応、警察官もそれなりにいて、
まだ15時台というのもあって、出歩くのが危険というほどではない。

オモニア駅周辺は、特にこれといって観光するポイントも無いので、
ホテルスタッフに聞いたスーパーに行って、これからの飲み物を購入。

オモニア駅。
greece_12_Nov_2

17時を過ぎると辺りが暗くなり始めたので、そうそうに夕食を食べて今日はゆっくりすることにした。
また、ホテルスタッフにホテル近くにある、伝統的なギリシャ料理のリーズナブルな店を聞いて、
教えてもらったNeonという店に行った。

Neonというお店。後で調べたらギリシャのチェーン店みたいだ。
こういったリーズナブルのお店のことをギリシャではタベルナという。
食べに行くのに、食べ、、
greece_12_Nov_3

オランダではあまり見かけないKaiserビールを注文。オーストリアのビールらしい。
greece_12_Nov_4

そして、今日の夕食は、スブラキというギリシャ料理を注文。
っといっても、豚の串焼きだ。
greece_12_Nov_5

シンプルな料理で、なかなか美味い。
これでチップ込みで13ユーロ。落ち着いて食べれてこの値段はまぁまぁリーズナブル。

こうしてギリシャの一日目は、無事に終了。
ふー、なかなか気疲れしたな。



スポンサーサイト

Athens 2日目 in オランダ生活260日目

11月13日(土) 晴れ

今回のギリシャ旅行は、平和に過ごそうと思っていたので、
あまりせかせかすることなく、ゆっくりするつもりだったが、
昨日と違って天気もいいので、9時過ぎに観光に出かけることにした。

オモニア駅で、24時間有効な地下鉄のチケットを購入(3ユーロ)し、
オモニア駅から3駅離れたアクロポリ駅に10分ほどで到着。

駅を出ると、左手にはもうパルテノン神殿のあるアクロポリス遺跡が見える。
早速、共通チケット(12ユーロ)を購入して、アクロポリス遺跡に入る。

入ってすぐのところに、ディオニトス劇場がある。
greece_13_Nov_1

有名なパルテノン神殿はこの上だ。
greece_13_Nov2

壁沿いを西にしばらく歩くとイロド・アティコス音楽堂があった。
greece_13_Nov_3

やはり、このアクロポリス遺跡は思っていた通りの壮大な場所で、
数千年の歴史を感じさせる。

イメージしていた通りの古代の遺跡群だ。

上から眺めるディオニトス劇場も素晴らしい。
greece_13_Nov_4

そして、とうとう今回の旅のメインでもあるパルテノン神殿に到着!
greece_13_Nov_5

やはりパルテノン神殿は大きくて存在感がある。
少し、修繕の為のクレーンや足場が組まれているのが残念だが、
それでもその光景には満足できた。

パルテノン神殿近くで、ギリシャ国旗がたなびいていた。
greece_13_Nov_6

アクロポリス遺跡からは、Athensの街が一望できる。
Athensは人口300万人以上で、ギリシャの人口の1/3が住んでいる為、流石に住宅地が
ずらっと広がっている。

そんな中、リカヴィトスの丘は印象的だ。
greece_13_Nov_7

パルテノン神殿を暫し見学した後は、そのすぐ横にあるエレクティオンがある。
greece_13_Nov_8

20℃を超えるポカポカ陽気の中、すやすや眠る犬。
greece_13_Nov_9

遺跡の柱。
中段が膨らんでいて、遠くから見た時に重厚感がある。
greece_13_Nov_10

またまた、寝る犬2。
greece_13_Nov_11

パルテノン神殿が良く見える丘まで来て、そこで写真を撮る。
greece_13_Nov_12

ここで他の観光客に頼んで、写真を撮ってもらおうとした時、
足が石に開いた深い穴に落ちて、中の腐った水に足が浸かって大変だった。。
昨日の雨で、そこらじゅうに水たまりが出来ていたが、
運の悪いことに、この穴はかなり深かった。。
おかげで片足が15センチほどびしょ濡れでおまけに水が臭い。。

濡れた足のままで他の観光地に行く。

なお、共通チケットはこんな感じのチケットで、各入場券が6枚つづりになっている。
greece_13_Nov_13

アクロポリス遺跡群を後にし、次は古代アゴラに行くことにした。
古代アゴラの中にはいって、暫く歩くと、右手にアタロスの柱廊博物館があった。
まぁ、中の展示はそうでもなかった。。
greece_13_Nov_14

古代アゴラの中をブラブラ。
greece_13_Nov_15

観光客もあまりおらず、良い感じだ。
greece_13_Nov_16

そして、この古代アゴラの中にはテセイオン神殿がある。
greece_13_Nov_17

この神殿はギリシャの中でも最も、保存状態の良い神殿らしく、流石に素晴らしかった。
greece_13_Nov_18

そうこうしている内に、地下鉄のテセイオン駅に到着。
greece_13_Nov_19

ここで足が汚れたので、一度、ホテルに帰ることにする。
テセイオン駅からオモニア駅までは一本でいけるはずだ。

電車にのって、一駅先のモナスティラキ駅に到着すると、乗客がぞろぞろ降車。
みな、別の線のシンタグマ駅に行くのだろうと思っていて、そのまま乗っていると、
なんと電車は元来たテセイオン駅に戻ってしまった。
どうも、モナスティラキ駅からオモニア駅は、現在工事中で通行止めになっているようだ。。

次の電車を待つのも面倒なので、テセイオン駅からモナスティラキ駅まで歩いてみた。
greece_13_Nov_20

寝ている犬3。
greece_13_Nov_21

ほどなく、モナスティラキ駅に到着。
この駅近くには、アドリアヌスの図書館という遺跡が壁だけ残っている。
greece_13_Nov_22

モナスティラキ駅周辺の様子。観光客が多い。
greece_13_Nov_23

ここから北に歩いてオモニア駅を目指す。600mぐらいかな。
ぶらぶら歩いていると、現代のアゴラと呼ばれる市場に到着。
道路を挟んで、左側が野菜が果物の市場、右側が肉売り場のようである。

かなり豊富に肉が売られていた。中は肉の臭いで凄かった。。
greece_13_Nov_24

そうして、オモニア地区に到着。
まだまだ昼だがあまり治安は良くない。
greece_13_Nov_25

ホテルに到着後は、早速、さっき汚れた靴とズボンを丸洗いした。
豪快に洗ったので、ある程度乾くまで、一人シエスタをとって、ホテルで昼寝。グゥーグゥー。

2時間ほど休憩した後は、再び、地下鉄に乗ってアクロポリ駅に到着。
今度は、アクロポリス遺跡とは反対側にある、アドリアヌス門を観光。
greece_13_Nov_26

そして、その横のゼウス神殿に向かう。
っが、この季節は入場時間が大幅に短くなっており、14時45分ぐらいが最終入場時間になっており、
15時半だったため、既に中に入ることが出来なかった。残念。また今度こよう。

今日は入れなかったゼウス神殿。
greece_13_Nov_27

そして、そのまま北にぶらぶら歩いてシンタグマ駅を目指すことに。
途中にあったよくわからない広場。
greece_13_Nov_28

そしてシンタグマ駅に到着。この辺は観光客が最も多く、
その分、観光客をねらった犯罪者が多いので注意が必要だ。

早々に、シンタグマ駅を離れ、地下鉄で隣のエヴァンゲリスモ駅に向かう。
ここから北にあるいて、リカヴィトスの丘を目指す。

リカヴィトスの丘へ向かう階段は、なかなか急で、最近メタボ気味の体にはしんどい。。
greece_13_Nov_29

歩くこと10分ほどでケーブルカー乗り場に到着。やはり全て歩くのは辞めた。
greece_13_Nov_30

ケーブルカー。切符を購入(6.5ユーロ。高っ)し、出発を待つ。
一時間に一本のペースかな?幸い15分程待って出発。
greece_13_Nov_31

リカヴィトスの丘から望むAthensの街の景色は、なかなか良かった。
greece_13_Nov_32

丘のてっぺんには、鐘と国旗が。
greece_13_Nov_33

ここからAthensの街を眺めつつ、夕陽を見るために多くのカップルが訪れていたが、
暗くなると何かと面倒なので、早々に退散することに。
greece_13_Nov_34

ケーブルカーは全く出発する気配がないので、徒歩ルートで下山してみる。
greece_13_Nov_35

なかなかルートは整備されていて歩きやすく、景色も良い。
greece_13_Nov_36

道にはサボテン何かが生えている。
greece_13_Nov_37

しばらく下ったところで、道が分かれていたりとよく方向が分からなくなったので
やっぱり、戻ってケーブルカーで帰ることにした。
戻るとケーブルカーが出発するところだったので、慌てて飛び乗る。ふー。

再び、地下鉄でシンタグマ駅まで戻ってきた後は、ここからオモニア駅まで観光しながら歩くことにする。
シンタグマからオモニアまでの間にはアカデミックな建物が多い。
まずはアカデミー。
greece_13_Nov_38

そして、アテネ大学。
greece_13_Nov_39

国立図書館。
greece_13_Nov_40

このアカデミックな建物とは対称的に、この前の路上には物売りがずらーっと並んでいて、
スリなどに注意する必要がある。

日も落ちてきたので、少し早いが夕食をとることにする。
今日は、オモニア駅の南東にある落ち着いたレストランをチョイス。
greece_13_Nov_41

他にはオランダのビールしかなかったので、今日もKaiserビールを注文。
greece_13_Nov_42

本当はイワシの揚げた料理を食べたかったが、品切れだというので、
やむなく、タラのフライにした。英語のメニューもあったが、codfishがcoldfishになっていた。
greece_13_Nov_43

そして今日は、もう一品、grilled cheeseなんたらというのを注文。
greece_13_Nov_44

こんな感じの夕食。
greece_13_Nov_45

チーズはまぁまぁだったが、肝心のタラは骨の処理もされておらず、イマイチだった。
お値段もチップ込みで20ユーロとギリシャにしては高めだった。
まぁ、いつも良いお店に入れるとは限らないので、これも旅の醍醐味だ。

ギリシャ2日目もこうして終了。今日は思ったよりは観光した。


スニオン岬 Athens 3日目 in オランダ生活261日目

11月14日(日) 晴れ

今日はスニオン岬に行く。

昨晩、ガイドブックを眺めているとAthensから南に40km離れたところにある
スニオン岬がそこそこ良さそうなので、行くことにした。

スニオン岬へはバスで行くことになるが、幸い、ホテルのあるオモニア地区に
スニオン岬行きのバスターミナルがある。

ギリシャのバス停はよくわからないため、バスターミナルまで行くのが確実そうだ。

基本的に今回はゆるい旅行なので、10時にホテルを出発。
オモニア駅から北に歩くこと15分ほどでバスターミナルに到着。

このピンAがある辺り。

大きな地図で見る

スニオン岬へのバスターミナル
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=37.991884,23.731713&sll=37.991884,23.731713&sspn=0.004363,0.010568&ie=UTF8&ll=37.991825,23.731788&spn=0.004363,0.010568&z=17

写真ではこんな感じ。
greece_14_Nov_0

一応、バス停にはSOUNIO(最後にNが付かないのが正しいらしい)と書かれている。
しかし、ガイドブックによるとスニオン岬には、海側ルートと山側ルートがあり、海側ルートが
眺めも良く、お勧めとある。バスターミナルでは路線図や時刻表などは無いので、
ここは人に聞くしかない。

バス停のあたりをきょろきょろしていると、バスを待っていたギリシャ人のおばあさんが
わざわざこっちに来て、どこに行くのか聞いてくれた。
(ギリシャ語なのでこっちはチンプンだがなんとなく雰囲気でわかった。)

幸い、ギリシャ語でスニオン岬をメモっていたのでそれを見せると、
スニオン岬行きのバス停だと教えてくれた。
その後、出発時刻を伝えようとしているのだが、これはちょっと戸惑った。
5分後だが、50分後だか、はたまた10時50分なのか、わからない。。

困っていると英語ができる他の乗客が来て、5分後にバスがでると教えてくれた。
ここでは、ギリシャ人の親切に触れることができた。

私以外にも、この日はスニオン岬に向かう観光客と思われる人が7~8人はいた。
程なく、運転手がきてバスが動き出そうとしたので、切符を買おうと運転手にいったら
あとで払うから、とりあえず乗れとのことだった。

スイスから旅行に来ているスイス人の女の子から、右側に座れば海が見えて景色が良いと教えてもらい、
右側の席に座る。そしてバスが定刻通り出発。10時30分。

まずは5~10分程でシンタグマ周辺を通る。
この辺りでも、何人かがバスに乗り込んできた。

そして走ること30分ほどで、Athens市街から離れ、海側の道路を走ることで
景色が一気に良くなる。エーゲ海が広がる。
greece_14_Nov_1

海は青々として美しい。
greece_14_Nov_2

もう11月中旬のため、流石にビーチは閑散としていたが、たまに何人かが泳いでいた。
greece_14_Nov_3

40分程走ったところで、集金の為の係員が乗り込んできた。
バス代はスニオン岬までで5.7ユーロ(片道)だった。

Athensからスニオン岬までは、バスで2時間弱の道のりだったが、こうした美しい景色もあって
時間が経つのはあったいう間であった。こんなに景色が良いとは想像していなかった。

遠くにポセイドン神殿が見える。
greece_14_Nov_4

スニオン岬に着いた後、早速、岬に行って景色を眺める。
ポセイドン神殿と岬の風景が相まって、神秘的である。
greece_14_Nov_5

エーゲ海は穏やかで、海の色も美しい。
greece_14_Nov_6

岬に生えていた植物。とげとげ。
greece_14_Nov_7

そんなに大きくない岬だが、奥まで行ってみる。
greece_14_Nov_8

岸壁沿いの海の色は、エメラルドグリーンだ。
greece_14_Nov_9

東側の景色もなかなか良い。
greece_14_Nov_10

岬の先端に向かう。
greece_14_Nov_11

スニオン岬がこんなに良いとは。。想像以上だ。
greece_14_Nov_12

つき出た岸壁。
greece_14_Nov_13

どんどん進んで、、
greece_14_Nov_14

ここが岬の先端。
greece_14_Nov_15

しばし、スニオン岬を観光した後は、ポセイドン神殿に入ろうと思って行ってみると、、
こんな張り紙が貼ってあって、今日は休み。。がーん。
greece_14_Nov_16

どうもギリシャは11月から3月までは不定期で、こういった観光地でも休みになるようだ。
ポセイドン神殿に入れなかったのは残念だが、まぁ、遠目からでも十分満喫できたので良しとしよう。

丁度、昼過ぎとなり、お腹もすいて来たので、スニオン岬のそばに唯一あるレストランに入って
昼食をとることにした。
greece_14_Nov_17

景色の良い席は先客がいたので、店の奥でゆっくりとする。
greece_14_Nov_18

もう、これからあくせく動くこともないので、昼からワインを注文。
greece_14_Nov_19

そして、オランダでもあるがシュニッチェルを注文。豚のカツレツ。
これが当たりで、とても美味しかった。ワインにもよく合う。
お会計13ユーロも観光地にしてはリーズナブル。
greece_14_Nov_20

ちなみに帰りのバスの時刻表はこんな感じ。
左が山ルートで、右が海ルート。時間は昼なら一時間に一本だ。
greece_14_Nov_21

結局、14時のバスに乗って、Athensにモデル。
さようならポセイドン神殿。スニオン岬は良かったよ。
greece_14_Nov_22

そして、ホテルに帰って、また一人シエスタをとって、休憩。
ごろごろした後、夕食を食べに、1日目にいったNeonというお店に再訪。
ここで、今度はギリシャ料理のムサカというのを注文。たしか6.5ユーロ程。
ムサカは、チーズに茄子、ミートソースがつかわれたギリシャ版のラザニアのような料理だ。
日本人にあった味で、なかなか美味い。
greece_14_Nov_23

ただ、注文したムサカは厚さが10cm以上ある、巨大なものでこれだけでかなりお腹が一杯になる。
正直、半分でよい。。

合わせて、さらに注文していたのが、多分、ホルタという料理。
なんの野菜かしらないが、少し苦味があってあっさりしていてなかなか美味かった。
greece_14_Nov_24

これにてギリシャの3日目が終了。
greece_14_Nov_25

Athens 4日目 in オランダ生活262日目

11月15日(月) 晴れ

ギリシャに来て、4日目。
今日は、世界遺産のDelphiまで遠出しようか迷ったのだが、ゆっくりしたかったので
今日も一日、Athensの街をぶらぶら観光することにした。

ホテルを10時過ぎに出て、まず向かったのは、国立考古学博物館。
ホテルから歩いて10分ほどで到着。
greece_15_Nov_1

ただ、やけに人が少ないと思ったら、まだ開いて無かった。。
greece_15_Nov_2

どうも、冬時間のギリシャは不定期にこういった施設が閉まるようだ。。
ともかく、夜になったらまたここに来ることにしよう。

少しこの辺りをブラブラして、アレオス公園に行ってみた。
まぁ、特に目ぼしいものは無い。
greece_15_Nov_3

早速、犬が寝ている。
greece_15_Nov_4

今は、朝の10時過ぎだが、こういったペイントの後を見ると治安の悪さがうかがえる。。
greece_15_Nov_5

在ギリシャ日本大使館のWEBを確認すると、間の悪いことに明後日17日の火曜日には
ここAthensで、学生の大規模なデモが予定されているとのこと。

ギリシャ語で内容はよくわからないが、そのデモへの参加を呼び掛けるビラ配りが
盛んにこの周辺で行われていた。
(すこし横断幕などは過激なように見えたが、ビラ配りなどいたって平和的ではあった。)

午前中は、考古学博物館を見学しようと思っていたが、まだ開いて無かったので、
2日前に行って、同じく閉まっていたゼウス神殿に行くことにした。

移動はもちろん、地下鉄で。
greece_15_Nov_6

オモニア駅から3駅で、アクロポリ駅に到着。
この周辺は、こんな市電も走っている。
greece_15_Nov_7

そして、今度は無事にゼウス神殿に入る。
greece_15_Nov_8

左手にはアクロポリス遺跡もみれて、なかなか落ち着いたところだ。
greece_15_Nov_9

ゼウス神殿裏の遺跡群。
greece_15_Nov_10

また、犬が寝ている。
greece_15_Nov_11

ゼウス神殿を横から見てみる。
greece_15_Nov_12

元々、ゼウス神殿は100本以上の柱からなっていたが、現存するのはこれだけである。
しかし、一本一本の柱は、太く大きく迫力がある。
greece_15_Nov_13

鳩も遺跡で一休みしている。。
greece_15_Nov_14

ゼウス神殿をゆっくり見学した後は、プラカ地区をぶらぶら歩いてみる。
greece_15_Nov_15

ここギリシャでは犬だけでなく、猫も寝むそう。。
greece_15_Nov_16

適当に歩いていたら、キダシネオン通りにあった教会。
greece_15_Nov_17

ここで、地球の歩き方に乗っていた、皮製品の店に行ってみる。
先日、スペインで財布をスラれて、財布が無いため、良いコインケースでもあれば買おうと思っていた。

その「グリーク・ポピュラー・アート」というお店は、プラカ地区のキダシネオン通りから
少し奥に入ったところにあった。お店は4畳半ほどと小さい。

店に入ると、店主が早速よってきて、商品を案内し始めた。
やはりガイドブックに載っている店だけあって、日本人がお得意様のようだ。

正直、あまり自分ほしいものは無かった。。
(元々、この店はかなり安めの値段帯(5~50ユーロぐらい)なので、それ相応の商品である。)

しかも、商品を怒涛のごとく、紹介するので少し辟易したが、
一応、コインケースがあるか聞いてみたら、かなりしょぼいのを出された。
そんなものは要らない。と言うと今度はサンダルを出してきた。

店主は人を見ただけで、サイズがわかるそうな。実際、私のサイズを言い当てた。
3種類程、サンダルを見せてもらった内の一つが、まぁまぁ良さげなデザインだったので、
季節外れだが、買うかなと思い、12ユーロのところ、10ユーロにまけてくれといったが、
家族経営でやってるから無理、無理ーっと言われた。

まぁ、2ユーロここで値切っても仕方ないと思い直して、購入。
すぐに壊れるかもしれないが、それはそれで良いだろう。長く使えたらめっけもんだ。

自分のお土産として、なぜかサンダルを購入した後、また街をぶらぶら。
greece_15_Nov_18

工事中のミトロポレオス大聖堂。中に入らず。
greece_15_Nov_19

良く知らない教会。待ち合わせ場所になっているらしい。
greece_15_Nov_20

暫くあるいて、シンタグマ駅周辺に。奥に見えるのは国会議事堂。
greece_15_Nov_21

シンタグマ駅からモナスティラキ駅までのメインストリートを歩く。
この通りは、H&Mなどが並ぶ。
greece_15_Nov_22

また、寝る犬。
greece_15_Nov_23

またまた、寝る犬。
greece_15_Nov_24

そういえば、無名戦士の墓と呼ばれる所では、衛兵がいる。
greece_15_Nov_25

メインストリートから一歩外れた通り。小さなショップが並ぶ。
greece_15_Nov_26

10分程度歩いて、モナスティラキ駅周辺に。
そろそろ、お腹が空いてきたのでこの辺で昼食をとることにした。
greece_15_Nov_27

適当に店を見て回ったがよくわからなかったので、少し落ち着いたところにしてみた。
基本的に、ギリシャは呼びこみが禁止されているため、呼びこみしてくる店にろくなところは無い。
greece_15_Nov_28

ここでまた、スブラキを注文。9ユーロぐらい。
これは失敗した。みんな2~3ユーロのギロというトルコのケバブに良く似たものを食べていた。
greece_15_Nov_29

このスブラキは、不味かった。量だけ多い。
渋々、食べていると猫が寄って来て、物ほしそうに横にちょこんと座って、こちらを見ているので、
いつもは、餌をあげないのだが、今回はこのスブラキをあげた。
あんなにじーっと見られると、あげざるを得ない。
この後、店の親父におっぱらわれていたが、、

飯を食べたあとは、ホテルのあるオモニア周辺に向けて歩いた。
現代のアゴラで、今度は野菜や果物のエリアに行ってみた。
オランダに住んでいる分、それほど変わった野菜などは見かけなかった。
greece_15_Nov_30

そして、ホテルでシエスタ。。
greece_15_Nov_31

ギリシャで驚いたのは、ホテルで枕銭として1~2ユーロのチップを置いていっても
お金がそのまま残っていることだ。確かポルトガルでも、そのまま残っていた。

まぁ、連泊しているということもあるだろうが、
客室にあるお金を受け取らないように教育されているのかもしれない。

治安が悪いからこそ、そんなことになっているのだろうか。。よくわからん。

まぁ、それはいいとして、また暫しの休憩をとった後、
朝、まだ開いていなかった考古学博物館に行くことにした。

途中、スブラキのお店があったので入ってみる。
greece_15_Nov_32

この店は、スブラキを一本単位で注文できる。しかも、一本1.2ユーロと安い!
greece_15_Nov_33


昼のスブラキが不味かったので、期待していなかったが、これは美味かった。
正直、ビックリした。ここにきてやっと美味いものに出会えた。
もう、夕食はここで決定!っと思って、まずは考古学博物館に向かう。

今度は、開いていて中に入れた。入場料は7ユーロとギリシャにしては高い気がする。
この博物館は小さい荷物でもクロークに預けないといけない。っが私は手ぶらだ。
博物館の展示の様子。
greece_15_Nov_34

Flying panなるものが展示。現在のフライパンとは違うようだ。
水を入れて鏡にしていたのか、なんなのかよくわからないみたいだ。
greece_15_Nov_35

この博物館でのヒット作品。これが考古学ですか。。
greece_15_Nov_36

黄金のデスマスク。
greece_15_Nov_37


良い勝負。相討ち? 拳がめり込んでますなぁ。。
greece_15_Nov_38

一時間半ほど見学して終了。外は陽が落ちている。
greece_15_Nov_39

そして、先ほどのスブラキ専門店にいって、夕食をとる。
スブラキ5本。
greece_15_Nov_40

そして、ギリシャビールMythos。
greece_15_Nov_41

今日の夕食。全部で10ユーロ弱と安い。そして美味い。
ちなみにパンは食べ放題だ。しかしギリシャのパンは不味い。
greece_15_Nov_42

お気に入りのギリシャ料理屋を見つけて、ギリシャ旅行4日目が終了。
greece_15_Nov_43

Athens 5日目 in オランダ生活263日目

11月16日(火) 晴れ

さて、今日はギリシャ旅行最終日。

16時45分のフライトまで、まだたっぷり時間があるので、
ホテルをチェックアウトした後、荷物を預けて、またAthensを観光することに。

今日もオモニア広場から出発。
greece_16_Nov_1

Athensの主要観光地までは、さほど遠くないことが分かったので、今日は歩いて
街の中心のシンタグマ広場を目指す。

オモニア地区から南、シンタグマ方向にいく道の途中にある像。
greece_16_Nov_2

これはアテネ博物館かな?
greece_16_Nov_3

その前の像。
greece_16_Nov_4

とりあえず、シンタグマ広場に到着したが、
まぁ、ここは特にもう見るものは無し。

シンタグマ広場周辺の噴水。
greece_16_Nov_5

シンタグマ広場周辺を歩いていると、すれ違ったスーツを着た割と普通の中年の男が
声をかけてきて、「そっちの道は特に何も無いよ。こっちの道がいい。」みたいなことを言うので、
「ああ、そうなん」っと気軽にその道に行くことにしたら、そのオッサンがついてきて、
「安いツアーがあるから、得だ」みたいたことを急に言ってきた。
良く見ると、その道沿いに旅行代理店みたいなのがあって、何人かがぶらぶらしている。
「なんだよ。このオッサン。親切で言ってくれたんじゃなかったのかよ。」とムカついた。
当然、オッサンの勧誘は断って、「俺は歩いてるだけなんじゃ」といってその場を離れた。

結局、しょーもない道を歩かされただけだった。。

シンタグマ周辺は観光客をターゲットにした悪徳旅行代理店やスリが多そうなので特に注意が必要だ。


その後、繁華街をぶらぶら歩いていたら、少し開けた広場に。
greece_16_Nov_6

街中にもこんな遺跡が残っている。
greece_16_Nov_7

なんかお土産を買うかなーっとぶらぶら、シンタグマ駅とモナスティラキ駅の間のメインストリートを
歩いていたが、土産物屋は無いので、メインストリートと並行して走る路地に入ってみることに。

人通りは格段に減るが、まぁ、真昼間ということもあって、それほど治安の悪さは感じない。


っが、しかし。

ここで、ドバイから来たという中東系の40代と思われる夫婦に英語で声をかけられた。
最初、地図を広げていたので、道がわからないのかなっと思っていると、、男の質問はこんな感じだった。

男「私達、ドバイから来ました。」
男「次は、大阪に行きます。」
男「ところで、両替がわからないんだけど、、」

後で考えると、まぁ怪しいのだが、正直ここまでは普通に困っている旅行者と思っていた。。

私「ん?シンタグマ周辺なら沢山、両替所あると思うよ。」
男「次、日本に行くので、今、日本円とドルってどのくらいのレートですか?」
私「んー。80円ぐらいだよ。」
男「今度行くんで、日本円見せて。」 →ここでハァ??なんじゃコイツっと思う。
私「いや、日本円持ってないんで。」(実際、ユーロしか持ってないし、、)
男「いや、ほらほら。こんな感じ。」
(自分の財布を私に見せて、中身をペラペラ見せてくる。。っといっても1ドル札ばっかだけど。。
私「俺は今オランダに住んでるから、日本円もってねぇって。」
男「じゃ、ギリシャのお金でいいから。。」
私「・・・ユーロじゃねぇか」
私「さようなら。」(犯罪者め。死ね!っと思ってその場を離れる)

この時、中年女の方が私のカバンを凝視していた。。

だが、前回スペインで財布をスラれて十分警戒していた私は、カバンのチャックに今回は
針金をくくりつけていたので、前に下げたカバンを気付かない内に開けられることは無い!
まぁ、仮にバックを開けられても、今、財布は無いんだけど。。

ともかく、また犯罪者に狙われたのは確実だが、今回はノー被害だった。

しかし、こんな経験して初めてわかることだが、日本で長く暮らしていると
どうしても、最初は困っている人なのかなっと思って少し油断してしまうことである。
話しかけてきた人に対して、いきなり犯罪者扱いの対応をするのは、なかなか難しい。。

ちなみに、こいつ等は中東系でも日本人の勝手なイメージでドバイはお金持ちだと思っている心理をついて、
ドバイから来たと言って、日本人を油断させようとしている。
(当然、そんなのは嘘で、そもそも金持ちそうな格好してないけど。。)

とにかく、シンタグマ周辺は、悪徳旅行代理店に引き込もうとするオッサンや、
スリ夫婦など、一人旅の日本人を狙った犯罪が多発してそうな雰囲気を感じた。

犯罪者どもからすれば、私のような日本人は、鴨ネギなのだろう。。
(スキンヘッドにサングラスがいいかも。)

これから、ますますギリシャ経済が混沌とする中で、おそらく治安はどんどん悪くなるはずだから、
一人旅の日本人は十分注意した方がいいと思う。

シンタグマ周辺は逆に私のような観光客が、軽犯罪に巻き込まれる可能性が高いと感じたので、
早々にこの辺りを離れた。

シンタグマからオモニアのホテルに戻る途中、ギリシャの名物の蜂蜜を購入。8.5ユーロ。
オランダでは驚くほど蜂蜜が安いので(デカイ瓶で2ユーロしない。)、これは高い。

当然、オモニア地区も治安は悪いのだろうが、あのスブラキ専門店にもう一度行きたかったので、
警戒を怠ることなく、その店に行った。

美味しいスブラキのお店。
「スブラキ・レイバシア」というらしい。後で見るとガイドブックにも載ってた。。

大きな地図で見る

もう昼過ぎなので、お客で一杯。
肉が焼けるまで、待つ。
greece_16_Nov_8

スブラキ3本。3.6ユーロ。そしてパン食べ放題。
greece_16_Nov_9

満足して店を出ると、スブラキ3本とポテト。おそらく飲み物のセットがお得だった。
失敗した。これにしたらよかった。。
greece_16_Nov_10

まぁ、そんなこんなで、無事、ギリシャ旅行は終了。



ちなみに、、、
帰りは、飛行機が40分程遅れ(定刻に出発はしたのだが、、気流の影響かなんかで結局遅延。。)、
オランダ国鉄が濃霧の為、Schiphol→Armsfoort間のIntercityが運休し、
止むなく、SchipholからAmsterdam centraalへ行き、その後、各停でArmsfoortまで行って、
そこから、ようやくIntercityでEnschedeに帰ることができた。。
通常、Schiphol→Enschedeは2時間のところ、待ち時間も含めて4時間弱かかった。。



ギリシャの旅


日程 11月12日(金)~11月16日(火) 4泊5日

<行程>
(初日)
Enschede → Schiphol → Athens (オランダ国鉄&KLM)

オモニア周辺を少し観光した後、夕食を食べて終了。

(二日目)
Athens

アクロポリス遺跡などアテネ市内の観光地を巡る。

(三日目)
Cape Sounion

スニオン岬観光。

(四日目)
Athens

考古学博物館やプラカ地区を観光。

(五日目)
Athens

シンタグマ周辺を観光。

<旅費>
ホテル代:180ユーロ
食事代その他:210ユーロ程度
交通費:231.7ユーロ
(内訳)
飛行機代(easyJet) Schiphol ⇔ Athens 196ユーロ
鉄道代(Enschede⇔Schiphol) 13.2+22.5=35.7ユーロ

旅行費 計7万2千円也 ※警戒してちょっとケチりすぎたかな。。
※為替 1ユーロ 115円として計算

<感想>
アテネのアクロポリス遺跡は想像通りの古代の雰囲気を感じることができた。
ゼウス神殿やリカヴィトスの丘もなかなか良かった。
今回、あまり期待もせずにスニオン岬に行ったのだが、これが道中の景色も良く、
思いのほか、癒される良い所だった。天気の良い日はお勧めだ。
しかし一番の驚きは、ギリシャでは犬が寝まくっていることだった。
ホント、よく犬が無防備で寝ているのを目撃した。犬にとっては平和な街だ。


プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。