スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ生活186日目

8月31日(火) 晴れ時々雨

今日で8月も終わり。

オランダに来て半年。

あっという間だったな。


今日のEnschede。
ens_31_Aug_1

ens_31_Aug_2


スポンサーサイト

オランダ生活187日目

9月1日(水) 晴れ時々曇り

今日は、日本からTwente大学に来ていた日本人の方を
含めて、セントラル周辺で飲んだ。

最近、なにかとセントラル周辺のレストランに行く機会が増えたが、
レストランの肉はスーパーと違って結構美味い。

今もLibEyeを食べた。

今日の店は値段が安かったこともあり、イマイチだった。

二軒飲んだ後に、フライドチキンを食べ、プリングルスを食べる。

メタボ街道まっしぐらなオランダ生活だ。

オランダ生活188日目

9月2日(木) 曇り時々雨

Schnitzel再び。

前は、スーパーのPLUSでSchnitzelを買ってイマイチだったので、
今度はアルバートハインのSchnitzelを買ってみた。
cook_2_Sep_1

今回は、フライパンでかなり完璧にカリッと仕上げることができたが、、
cook_2_Sep_2

その味は、、、

不味くもないが、それほど美味くも無しという微妙な感じだった。



オランダ生活189日目

9月3日(金) 晴れ

もうそろそろ、草木も色付き始め、秋の到来を感じさせる。
ens_3_Sep_1

今日は、オフィスメイトの中国人の家に招待してもらって、
夕食をご馳走してもらった。

卵とトマトの炒め物が美味かった。

セントラルの広場では何やらいろいろテント型の屋台がでて、
いろいろ味わえるみたいで、週末も賑わいそうだ。

オランダ生活190日目

9月4日(土) 晴れ

今日はセントラルで、Enschedeにあるレストランが屋台をだして
いろいろなものを味わえるお祭りみたいなものがあったので、日本人三人で行ってきた。
ens_4_Sep_1

このお祭りは全ての食べ物がコイン制になっているので、まずは現金をコインに両替。
返金もできるみたいだが、とりあえず20ユーロ換金。
ens_4_Sep_3

お金代わりのコイン。1枚1ユーロ。
ens_4_Sep_4

コインに両替するとあわせてパンフレットも貰え、マップとその店で売っているメニューが載っていた。
なんだかんだで、全部で60店舗ほどあるみたいだ。
ens_4_Sep_2

まずは定番。豚のスペアリブ。コイン2枚。
ens_4_Sep_5

スペアリブの後は皆でパスタを食べようとイタリアンの屋台にいき、
自分以外の人は、ボンゴレを注文。私は貝が好きでないのでトマトパスタに。

ボンゴレは普通にでてきたが、なぜか私のトマトパスタはでてこず、
店員に、ジュースとアイスにしてくれとジュースとアイスのチケットを渡される。

なぜパスタを注文して、不味いジュースとパスタになるのか意味わからん。
あまりに意味分からん過ぎて文句も言えなかったのが空しい。。

次は気を取り直して日本食レストランのTAOで、Maki mixを注文。コイン4枚。
やはり日本食は他の屋台と比べ、お値段やや高め。でも行列ができていて結構、人気だった。

味はまぁまぁ。写真は撮り忘れた。。

まだまだ食べれるので次はコロンビア料理の店に。
ここでは、牛肉のサテを買った。コイン2枚。味はまぁまぁ、でも冷めてた。。
ens_4_Sep_6

もっとガッツリ食べたかったので、次はインドネシア料理の店に。
このHU's Fusion wokで食べたAhoi kaiって麺料理はボリュームもあって結構美味かった。
ただ、ちょっとソースが甘いのが残念。コイン3枚。
ens_4_Sep_7

チーズのお店もあって、ブルーチーズをはじめ、変わったチーズの盛り合わせが売られていたので、
一緒にいった日本人が買ったのを少しもらったけど、これがかなり癖があって不味かった。

セメントや腐葉土みたいな味のチーズ。。

珍しいチーズの盛り合わせなので、どれも味がぶっ飛んでて面白いけど、美味しくない。

最後の料理はトルコの店にしてみた。
茄子と挽肉を煮た料理。コイン3枚。
ens_4_Sep_8

茄子はトロトロになるまで煮込まれてて美味かった。
ただ、肉は私の苦手なラムだったので、やはり癖はあった。豚肉や牛肉だったらもっと美味かっただろう。

最後は一杯、コイン4枚のお高めのワインを飲んで終了。

お祭りを満喫した後は、バーでテキーラのショットを飲む。
テキーラは多分、初体験だったが、飲み方としては、
まず、塩を手につけて、その塩をなめた後、テキーラを一気に飲んで、
レモンをかじる。それだけ。
ens_4_Sep_9

日本酒と同じでグイグイいける。
ただあんまり飲むと明日が終了してしまうので、結局4杯飲んで満足。
(一杯、4ユーロちょいしたので結構高かったが、、)

楽しい一日だった。






オランダ生活191日目

9月5日(日) 晴れ

昨日行ったお祭りは、金曜から日曜日まで開かれているようで、
今日も天気が良いせいもあってか、かなりの人が訪れていた。

日本食の屋台の前。お祭りの様子。
ens_5_Sep_1

さて、今週はスイス旅行なので、楽しみだ。

オランダ生活192日目

9月6日(月) 快晴

今日はとても暖かい気候で、ジャケットを着てると暑い日だった。
おそらく、日中は20℃前半はあっただろうな。

さて、今日は日本から上司が来ていたこともあって、
夕食はレストランで、TempuraとWagyu(ハンバーガー)を食べた。

実際に出てきたのはTempuraじゃなくて、唐揚げだった。
和牛もTempuraがこれだと違うだろうね。値段も安いし。

和牛の焼肉食べたい。。

まぁ、あと半年。こっちでは牛タンで我慢しよう。

オランダ生活193日目

9月7日(火) 雨時々曇り

昨日とうってかわって、今日は激さむ。

ジャケットでは寒い日だった。
日中の気温は昨日より15℃ぐらい下がってるかも。

今週は雨予報が続くが、金曜からのスイス旅行は、ぜひ晴れてほしい。

最近はまた円高が続くが、スイスフランに対しては円安なのであまり意味ないなぁ。。

オランダ生活194日目

9月8日(水) 曇り

今日の夕食は久々に自炊。

お土産で頂いた高菜漬けを大事に置いてたら賞味期限が切れてた。。
ens_8_Sep_1

まぁ、構わずに食べるけど。

そして、今日は寒いこともあり、オランダにきて初めて味噌汁を食べる。
っといっても日本から持ってきていたインスタントだけど。。
ens_8_Sep_2


メインは生姜焼き。
野菜がなくてバランスが悪いけど、まぁこんなもんでしょ。
ens_8_Sep_3

いやー、やっぱり和食は美味いな。

さて、明後日のスイス旅行の準備をそろそろしないとな。。

オランダ生活195日目

9月9日(木) 曇りのち晴れ

Bapao。

Bapaoはオランダの肉まん。
かつてオランダの植民地だったインドネシアの料理だと思うけど、これが結構、
日本の肉まんに味が似ていて美味い。

この肉まん、スーパーで普通に買える。値段も安い。一個50円ぐらい。
ens_9_Sep_1

ちょこっと水をふって、電子レンジで温めるとホクホクで美味い。
ens_9_Sep_2

Rundvleesは牛肉で、こってりした感じの味付け。
Kippenveleesは鶏肉で、カレー味。

どっちも日本人には馴染のある味で、美味い。


さて、明日からスイス旅行。
3000m超えの景色が楽しみだ。


Schiphol スイス旅行1日目 in オランダ生活196日目

9月10日(金) 小雨

今日からスイス旅行。

格安航空のeasyJetを利用したため、フライトの時間は17時半とかなり遅めだったが、
昼過ぎにEnschedeを出発。

Schiphol空港をゆっくり見てまわったことが無かったため、
今回は時間をとって早めに空港についたのだが、空港は思ってたより狭く、
特にすることが無かった。。
sch_10_Sep_1

昼ご飯には空港内に日本食があると聞いていたので、探したけど見つからなかったので、
EnschedeにもあるTokoで、すき焼き丼を注文。ただの甘辛いチキンだった。。
これで、6ユーロは流石に空港価格。(Take Awayなので、見てくれが悪いのは勘弁。)
sch_10_Sep_2

今回はeasyJetのフライトチケットをインターネットから印刷していたので、
そのまま、搭乗ゲートへ行けるみたいだ。

スイスは確か、今年の3月からシェンゲン条約加盟国からの入国は、
パスポートコントロールが無くなったみたいなので、荷物検査だけ済ませれば
後は飛行機に乗るだけなのでとても楽だ。

ただ、待合室はパスポートコントロールの有り無しで分けられるので、
パスポートコントロールの無い今回の待合室はかなり小さめで、こんな感じ。
中にはレストランもないので、外で食べてこないといけない。
sch_10_Sep_3

結局、2時間以上の待ち時間があったが、今回は司馬遼太郎の「坂の上の雲」を持ってきたので、
それを読んでなんとか過ごした。

幸いチープフライトのeasyJetだが、なんとかほとんど遅れずにGenevaに向けて出発した。
sch_10_Sep_4

Geneva スイス1日目 in オランダ生活196日目

9月10日(金) 晴れ

19時過ぎにGeneva空港に到着。
ここからホテルのあるGeneve駅まで移動しなければならない。
(私が日本から持ってきていた古いスイスの旅行本はGeneve駅ではなく、Cornavinとなっていたので、
どうも名前が変わったようだ。)

ともかく、スイス鉄道の切符を買いにいくと、
窓口は結構な行列ができている。。
自販機で買えないか試してみたが、半額カードなどは買えないようなので、しぶしぶ窓口に並ぶ。

こういう時、大抵、窓口でぐだぐだやる人が出てくるので、結局15分ほどまってやっと自分の番に。
事前に1ヶ月有効のHalf fare Cardがあるのを知っていたので、それとGeneva駅までの片道切符を購入。
Half fare card for one monthは、99スイスフラン。
Genevaまでの片道切符は、その半額カードを使って、2.2スイスフランだった。

この時点で既に20時前。既にスイスは暗くなり始めていた。
geneva_10_Sep_1

幸い、ホテルはGeneva駅のすぐ目の前だったので、早々にチェックインを済ませて
夕食を食べに街を散策することに。
geneva_10_Sep_2

驚いたのは、Geneva駅の東側一帯が怪しげな雰囲気が漂っており、
どうやら風俗関係の場所みたいだ。

なんでもスイスは売春が合法で、そういった売春婦がそこらへんに立っていた。
オランダも売春が合法だが、Amsterdamの飾窓は家族連れも行きかうほど、観光地化しているが、
Genevaはガチンコの怪しい感じがあった。

なんだが、スイスのイメージと違う場所だった。

ともかく、今回の旅行はそんな目的じゃないので、華麗にスルーして
夕食の飯屋を探す。

チーズフォンデュのメニューが目についた大衆食堂みたいなレストランに入る。

ここで、FELDSCHLOSSCHEN(?)っというスイスビールを注文。たしか3.5スイスフラン。(300円弱)
物価の高い印象のあるスイスもビールは安いようだ。
geneva_10_Sep_3

味は結構ライトな感じで飲みやすかった。

そして、メインのチーズフォンデュ(マッシュルーム入り)を注文。
でてきたのは、パンとチーズのみ。シュールすぎる。。。

早速、一人チーズフォンデュを楽しむ。
geneva_10_Sep_4

スイスのパンはしっとりしていて結構美味い。やはりフランスに近いことからオランダよりパンは美味い。
肝心のチーズは、不味くは無いがやや塩味がキツめ。
パン、チーズ、パン、チーズで最後の方はかなり飽きた。。

しかし、このチーズフォンデュで24スイスフラン。2000円もするのは高い。。
この店に限らず、チーズフォンデュはこのくらいはするようだ。

あと、この店のおばちゃんは親切だった。

夕食を食べ終えると21時半ぐらいだったので、少しだけGenevaの街をブラブラ。
レマン湖には名物の数10メートルの噴水があったので、それをボケェーと眺める。
ここは、そんなに人も多くなく、結構お勧めのポイントだった。
geneva_10_Sep_5

夜景をながめつつ、南側の橋を渡ると花時計が。
geneva_10_Sep_6

最後は教会やらなにやらをブラブラして、ホテルに戻る。
この辺りの治安は東側の風俗街に比べると良い感じがする。
geneva_10_Sep_7

さて、明日はいよいよZermattに向けて出発だ。

Zermatt スイス旅行2日目 in オランダ生活197日目

9月11日(土) 晴れ

今日は晴れ渡る空の中、GenevaからZermattに向かう。

ホテルで朝食を済ませ、8時にチェックアウトし、Geneva駅で切符を買う。
初めてのスイスということもあり、GenevaからZermattまでの片道区間を1等車で買うことにした。
通常、1等チケットだとGenevaからZermattまで146スイスフランだが、
昨晩、一ヶ月有効の半額カード(99スイスフラン)を購入したので、半額の73スイスフランだった。

Geneva駅。
geneva_11_Sep_1

1等車の車内はこんか感じ。まぁ、日本人にとってはそれほど2等車と変わらない。
体の大きな外国人には変わるそうな。。
ともかく、日本人にとっての1等車のメリットは空いていることだ。
geneva_12_Sep_2

車窓からの風景。
zermatt_11_Sep_1

この辺りで持ってきたデジカメの異常に気付いたのだが、
どうもレンズ内にゴミが入ったようで、そのゴミが焦点によっては映り込んでいる!

折角のスイス旅行でこのデジカメの不良は痛すぎる。。
以降、なんとかそのゴミが映り込まないようにズームを調整したりするのに苦労した。。
このデジカメはオランダに着いた当初にいきなり起動しなくなるなど、問題があったが、
この件も合わせて、ほんとに不良品だ。。

ともかく、電車に揺られること2時間半ほどでVisp駅に到着。
このVisp駅で氷河鉄道に乗換だ。
この氷河鉄道も1等車両に乗ったが、1等車は少し窓が大きく、
上部も窓になっていて光が差し込むようになっている。ただ、そんなに2等車と比べて良い感じもしない。
zermatt_11_Sep_2

氷河鉄道は数千m級の山々の間の渓谷を走るので、景色がよくあっという間に1時間が経ち、Zermattに到着。
12時過ぎにZermattに到着したのだが、予想以上に暖かい。20℃近くあるみたい。

Zermattの街並み。
zermatt_11_Sep_3

ホテルの場所がわからず、10分ほど探してようやくホテルにチェックイン。
荷物を置いて、早速、Zermatt観光に出かける。

ちょうど昼時なので、屋台風に売っていたソーセージを購入。
How much?っと聞いたが、なぜかホワイトソーセージを買うことになっていた。。
値段は6スイスフラン。500円くらい。
zermatt_11_Sep_4

ソーセージとパンだけというみてくれで、あまり期待していなかったが、
これが意外に美味かった。ソーセージもジューシーだ。

ソーセージを歩きながら食べて、食べ終わるころには登山鉄道の駅に到着。
登山鉄道の駅はオランダ国鉄の駅の目の前だ。

この辺りは予想通り、日本人の団体観光客も結構みかけた。

終点のGornagrat駅までの片道切符を購入。
この登山鉄道も半額カードが有効なので、ZermattからGornergratまで14スイスフラン。
zermatt_11_Sep_5

出発時間まで辺りで時間をつぶした後、13時半ぐらいにZermatt駅を出発。
登山電車の車内はこんな感じ。
zermatt_11_Sep_6

車窓からの風景に心躍りつつ、40分ほどで終点のGornergrat駅に到着。
ここは既に3069m! 高ー。
zermatt_11_Sep_7

駅をでて、少し上にある展望台に向かう。
この時、すこし頭がぼーっとするようなフアフアした感覚があった。
たぶん、軽い高山病なのだろう。しばらくすると回復。
zermatt_11_Sep_8

3000m超えということで、かなり寒いのだろうとダウンジャケット着てきたが、
これが要らないくらい暖かかった。天気が良いと日が強いので暖かく感じる。

展望台からの風景。マッターホルンが美しい。
zermatt_11_Sep_9

氷河もみることができる。いやー凄い景色。
zermatt_11_Sep_10

この展望台は外でこうしてマッターホルンを眺めながら食事を取ることもできる。
zermatt_11_Sep_11

マッターホルン。
zermatt_11_Sep_12

ここからはマッターホルンだけでなく、モンブランや他のアルプス山系を見渡すことができる。
zermatt_11_Sep_13

展望台からの眺めを満喫した後、このまますぐ登山鉄道でZermattに戻るのは勿体無いので、
Gornagratからトレッキングしつつ、下の駅を目指すことにした。
zermatt_11_Sep_14

ものすごい景色。いやー感動。
zermatt_11_Sep_15

マッターホルンをバックに登山鉄道を撮る。
zermatt_11_Sep_16

この後、歩くこと数十分。
このトレッキングコースのメインといえる撮影ポイントに到着。
小さな湖に映るマッターホルン。
zermatt_11_Sep_17

素晴らしい景色が続く中、トレッキングルートを進む。
zermatt_11_Sep_18

10分程歩くと、また別の湖があり、ここでも逆さマッターホルンをみることができた。
どちらかというとこちらの湖の方が綺麗で、マッターホルンの像が綺麗だった。
zermatt_11_Sep_19

この時は、トレッキングしている人もまばらで気分が良い。
ただ、帽子や日焼け止め、サングラスはあった方がいいだろう。
(自分はどれも持っていなかった訳だが、、)
zermatt_11_Sep_20

トレッキングルートにはこのように看板がでており、ルートが分かりやすい。
Riffelberg駅には右のルートをいけば20分。左のルートをいけば40分。
zermatt_11_Sep_21

このトレッキングルートは初心者向けということで普通の格好で挑んだわけだが、
岩がごつごつしていて、予想よりここまで疲れているが左のルートを選択。

空気も良く、この景色なので気分がよい。
ただ、予想以上に暑く、この時点でダウンジャケットはお荷物以外の何物でも無くなっている。。
zermatt_11_Sep_22

トレッキングルート中は、前にはマッターホルン。
zermatt_11_Sep_23

マッターホルン。
zermatt_11_Sep_24

マッターホルン。っというようにマッターホルンを大満喫。
zermatt_11_Sep_25

ルートの中にはこういった細い道で傾斜になっているところもある。
だが、人が少ないので特に問題は無かった。
zermatt_11_Sep_26

振り返るとアルプスの山々が美しい。
zermatt_11_Sep_27

この時点でトレッキング開始から2時間近く経っており、流石に疲れたところに
ようやく、Riffelberg駅が見えた。ふー。
zermatt_11_Sep_28

Riffelberg駅に到着。
結構、トレッキングしたので、ズボンや靴が砂だらけだ。
zermatt_11_Sep_29

16時40分ぐらいの帰りの電車に乗ってZermattに戻る。
確か、RiffelbergからZermattへは14スイスフラン(半額カード使用で)。

17時過ぎにZermattに戻ってきた。
駅周辺には観光用の馬車もある。
zermatt_11_Sep_31

一旦、ホテルに戻って、シャワーを浴びてサッパリした後、夕食を食べに町をブラブラ。
日本人観光客が多いため、どこのメニューにも日本語があってあまり入る気がしなかったが、
面倒なので、適当に外にテーブルがある店で夕食を食べる。

知人からスイスに行けばラクレットがおすすめと聞いていたので、
そのラクレットを注文。
ラクレットはあぶったチーズを野菜にさっとかけて食べる料理と聞いていたが、
実際には、こんな感じのものがでてきた。。
zermatt_11_Sep_32

野菜は、じゃがいもにピクルスにラッキョ?(外国でラッキョに出会えるとは意外だ。。)
味はまぁまぁ、それほど美味くも無し。。

メインは、またソーセージを注文。不味くは無いが昼に食べたソーセージの方が美味かった。
付け合わせのジャガイモを焼いたのもイマイチ。夕食はビールも含めて30スイスフラン程度だった。
zermatt_11_Sep_33

ビールを飲みながらZermattの町を満喫。
zermatt_11_Sep_34

今日は天気も良く、マッターホルンを満喫した一日だった。
明日は朝からロープウェイを使って更に上の展望台を目指す。

Zermatt スイス旅行3日目 in オランダ生活198日目

9月12日(日) 晴れ

7時半に起きて、ホテルの朝食を食べて(ホテルの朝食はスモークサーモンもあって美味かった)
9時前に大自然を見に出かける。

町の中心にある教会。
zermatt_12_Sep_1

教会横の東の道を通って橋を渡った後、右に曲がって川沿いを南に進み、ロープウェイ乗り場を目指す。
zermatt_12_Sep_2

歩くこと10分程で、ロープウェイ乗り場に到着。
頂上のMatterhorn glacier paradiseまでは往復で45スイスプラン(勿論、半額カード使用で)
チケットを買う際に、氷河の見学がなんたらかんたらと言われたが、チケットだけを購入。
zermatt_12_Sep_3

ロープウェイから望むZermattの町。
zermatt_12_Sep_4

Furiなどの途中駅を過ぎて、Trockener steg駅でロープウェイからゴンドラに乗り換える。
zermatt_12_Sep_5

ゴンドラからは下に氷河が見える。
zermatt_12_Sep_6

ロープウェイとゴンドラ合わせて40分ほどで頂上のMatterhorn Glacier Paradiseに到着。
ゴンドラを降りるとそこはトンネルになっている。
トンネル内は日が当らないため、結構寒い。
zermatt_12_Sep_7

トンネルを進み、途中で左に曲がるとリフトがあるので、そこから展望台頂上に行くことができる。
リフトをでるとそこはもう銀世界。
zermatt_12_Sep_8

この展望台は、なんと3883メートルの高さにある。もうここで、富士山を上回る高さだ。
この展望台の高さはヨーロッパ1と書いてある。
ちなみにマッターホルンは4478メートルだ。
zermatt_12_Sep_9

流石にここは、年中雪が残るだけの高度であり、晴れていて風が無くても寒かった。
おかげでこの旅でやっと持ってきていたダウンジャケットが役に立った。

スキーのリフトも併設しているので、スキーもできる。
ただし、この時期はあまりスキーやボードをしている人は少なかった。
zermatt_12_Sep_10

ここでは、ロープウェイ乗り場で言われた氷河が観れるリフトもあったが、
もう満足だったので、そのチケットは買わずにZermattに戻った。

Zermattのロープウェイ乗り場周辺から望むマッターホルンは最高のポイントだと思う。
zermatt_12_Sep_11

天気が良いこともあり、観光用のパンフレットに載ってるかのような風景だった。
zermatt_12_Sep_12

ちなみにZermattは環境保護の観点から自動車の乗り入れが禁止されており、
町の中は、こんな感じの電気自動車が走っている。
zermatt_12_Sep_13

Zermattに戻ってきたのはちょうど昼だったので、今日の昼飯も昨日と同じソーセージを食す。
ただし、今度はホワイトソーセージではなく、普通の奴にしてみた。これも6スイスフラン。
結構、美味い。
zermatt_12_Sep_14

予想以上に午前中の観光が早く終わってしまったので、Zermattから出ている別のロープウェイに
行くことにした。このロープウェイを乗れば、登山鉄道を合わせて全部のルートを制覇だ。

オランダ国鉄のZermatt駅から東方向にあるロープウェイ乗り場に行く。
この時はZermattの温度はなんと26℃。
Zermattが1600メートル以上の高度に有るにもかかわらず、この暑さだ。

早速、乗り場でチケットを購入。頂上のRothorn Paradiseまで往復32スイスフラン。(半額カード使用)
zermatt_12_Sep_15

ここはまず、こんな感じの鉄道で地下をハイスピードで駆け上がっていく。
zermatt_12_Sep_16

そしてSunnegga Paradiseに到着。
zermatt_12_Sep_17

ここからはロープウェイで。
しかし、こちらのルートは人がほんとに少ない。ロープウェイも当然一人だ。
zermatt_12_Sep_18

そして最後はゴンドラに乗り換える。
zermatt_12_Sep_19

結構、大きなゴンドラだが、この時は5人しか乗ってなかった。。
ゴンドラからはギザギザの登山ルートが見える。
zermatt_12_Sep_20

そして、頂上のRothorn Paradiseに到着。3103メートル。
スイス国旗がはためく。
zermatt_12_Sep_21

この頂上でもビールなどが飲めるようで、年配の夫婦などがゆったりとくつろいでいたが、
他の展望台比べて、かなり人が少なくとても良い感じだ。

ここからマッターホルンやモンブランを一望できる。
もちろん、Zermattの町も眼下に見下ろすことができる。
zermatt_12_Sep_22

ゴンドラは15分か20分間隔に運行していて便利。
zermatt_12_Sep_23

しばらく頂上で写真をとったり、その空気を満喫した後、
再び、ゴンドラとロープウェイを使ってSunneggaに戻る。
zermatt_12_Sep_24

Sunneggaは森が広がっており、美しい景色だ。
zermatt_12_Sep_25

Sunneggaから望むマッターホルン。
zermatt_12_Sep_26

緑が美しい。
zermatt_12_Sep_27

かなり森も美しいのでこのまま2時間のハイキングコースを下って、
Zermattに戻ろうと試みることにする。

だがほどなくして、怪しげな森に入り込み、急傾斜を下る変な道に迷い込み、
暫く歩いたところで、すっ転んだので、意気消沈して結局、元のSunneggaに戻ることに。。

30分ほどだったが、なんか疲れた。。

引き返してようやくSunnegga駅が見えた。ふー。
zermatt_12_Sep_28

Sunnegaからホテルに帰って、シャワーを浴びて休憩。

昨日と同じく夕食を食べにZermattの町をブラブラ。
今日もスイス料理にチャレンジ。

なんか前菜と、、
zermatt_12_Sep_29

2回目の挑戦となるラクレット。
zermatt_12_Sep_30

今度のラクレットの方がまだ美味かったが、期待ほどの味では無かった。。
ビールとデザート合わせて30スイスフラン程度。

Zermattは観光地化されていて食事は期待できないことが分かった。

さて、明日はZermatt以外の観光をする。




Zermatt スイス旅行4日目 in オランダ生活199日目

9月13日(月) 晴れ

今日は、Zermattを後にしてGenevaに戻る。
帰りのフライトの時間が19時なので、それまでスイスの他の街を観光しようと思う。

行きは1等車両を使ったが、帰りは混んでなさそうなので2等車にした。
2等車だとZermattからGenevaAirportまで片道46スイスフラン。

電車の名前はなぜかマウント富士号。
zermatt_13_Sep_1

朝9時39分の電車でZermattを出発。
ゆっくりと進む氷河鉄道。
zermatt_13_Sep_2

Visp駅でスイス国鉄に乗り換え、さらに電車に揺られること1時間20分で
Montreux(モンスルー)駅に到着。
zermatt_13_Sep_3

なぜ、このMontreux駅で途中下車したかというとMontreuxに到着する前にレマン湖畔に城が見えたからだ。
ちなみに、スイス鉄道は途中下車がオッケーらしい。一日中乗れるみたいだ。

キャリーを持っているのであまり自由度はないが、
駅をでて3分ぐらいで、レマン湖の美しい光景が広がっていた。

今日も穏やかな天気なのでとても気持ちが良い。

早速、レマン湖の周辺を歩いてみると観光船の乗り場があり、チケット売り場は
少し列ができていた。まったくノープランだったが、航路を見てみると先ほどの城まで行くようだ。

一応、チケット売り場の人に城に行くかどうか確認すると、行くとのこと。
さらに帰りの時間まで教えてくれた。なんかあまり時間がないようだが、
私がチケットを買った時はもう出発時間の12時40分になっていたので、慌てて船に飛び乗った。。
なんとか間に合った。ふー。

観光船でゆったりと進む。
zermatt_13_Sep_4

Montreuxの街並み。
zermatt_13_Sep_5

途中、一つ桟橋で止まったが誰も乗る人はおらず、すぐ出発。
結局、Montreuxから15分ほどで、お目当てのレヨン城が見えてきた。
zermatt_13_Sep_6

観光船は城のすぐ隣の桟橋に止まり、ここから皆、城の観光に向かうようだ。
このレヨン城はホントにレマン湖に突き出して浮かんでいるようだ。
zermatt_13_Sep_7

ちょっと高いが入場料12スイスフランを払って、内部を見学。
キャリーは1スイスフランでロッカーに預けることができた。

城自体は結構有名なところなのだろう。結構、観光客がいた。
ちなみに、自分が行った時は日本人らしき人は見かけなかったが、パンフレットに
日本語があったので、かなり日本人も訪れるところなのだろう。

レヨン城から眺めるレマン湖と街並み。
zermatt_13_Sep_8

もう少し、城の内部をゆっくり見学したかったが、
帰りの船が来たので慌てて戻った。
結局、12時40分にMontreuxを出て、12時55分にレヨン城に到着し、帰りの船が13時35分だったから
40分しか滞在できなかったのは残念。でも次の便は2時間近く後だったから仕方無い。

ともかく14時前にまたMontreuxに戻ってきたので、遅めの昼食をとることにした。
スイスに来てからあまり美味しいものを食べてないので、今日は美味しいものを食べたいところ。

駅前のブランチをやってそうな店に入って、パスタを注文。

すると、もうやってないとのこと。じゃ、ピザは? 同じくもう終わり。

14時なのにもうランチメニューは全部終わっていた。。うっ。
結局、パニーニみたいなのはあると言われたので、それを注文。

もう昼間からビールでも飲もうと思って、デンマークのCarlsbergを注文したら、
それもないらしい。ほとんど無いやん。。

で、結局ハイネケンしかないとのことでしぶしぶ、ハイネケンを注文。
スイスにきて、オランダのハイネケンを飲むことになるとは。。
ハイネケンならオランダのスーパーで腐るほど売ってるのに。。

とにかくハイネケンを飲む。今日も暑かったので美味かった。
zermatt_13_Sep_9

ツナとトマトがはいったもの。少し生地が固めだが、まぁまぁ美味かった。
観光地化したZermattよりは美味いな。
zermatt_13_Sep_10

昼食は全部で10スイスフランぐらいだったので安くついた。
この後、ホテルの朝食にあったリンゴを持ってきてたので、それを食べる。
ホテルででていたリンゴは甘くてどれも美味かった。(最近、オランダのリンゴは美味しく無い。)
zermatt_13_Sep_11

Montreuxを後にして、次はLausamme(ローザンヌ)駅に到着。
とりあえず、ローザンヌ駅から南に歩いてレマン湖に向かった。
zermatt_13_Sep_12

800m近く離れていたので、キャリーを引きながらはかなり辛かったがなんとか到着。
桟橋にはヨットなどが停留していてなかなか良い感じだが、これといって特になにも無いので
そうそうに戻ることに。
zermatt_13_Sep_13

帰る途中、Migrosというスイスでは有名なスーパーが目に入ったので、
ここでジュースとお土産のスイスチョコレートを購入。

帰りにあった花時計。
zermatt_13_Sep_14

ローザンヌ駅。
zermatt_13_Sep_15

この後、Geneva駅に戻ったが特にお土産屋も駅周辺には無いので、早々に空港に行った。
ここで、お土産などを買ってスイスフランを減らす。

帰りは19時発のはずだったが、easyJetお得意の機械のトラブルで1時間半遅れた。
おまけに何らかの情報が入ったのか、搭乗時にパスポートチェック(フライトアテンダントが行う)があって、
アジア系の女の人が乗れなくなっていた。理由はわからないけど。。

私もパスポートを見せた時、新人のCAがジャポンはどうだったっけみたいなのを別のベテランに聞いていたが、
日本人はスルーだった。やはり日本のパスポートは安心だ。

今回は電車やフライトなどで色々時間があったので、司馬遼太郎の坂の上の雲 上巻をちょうど読み終えた。

スイス Zermattの旅


日程 9月10日(金)~9月13日(月) 3泊4日

<行程>
(初日)
Enschede → Schiphol → Geneva (easyJet)

Genevaの街を少しだけ観光。

(二日目)
Geneva → Visp → Zermatt (氷河鉄道、スイス国鉄)

Zermattを半日観光。
登山鉄道でGornergratへ。

(三日目)
Zermatt

Zermattを終日観光。
ロープウェイとゴンドラで、Matterhorn Glacier ParadiseやRothorn Paradiseなどを観光。

(四日目)
Zermatt → Visp → Montreux → Lausamme → Geneva airport → Schiphol → Enschede 
(氷河鉄道、スイス国鉄、easyJet、オランダ国鉄)

Montreuxでレヨン城を観光。

<旅費>
ホテル代:362スイスフラン(朝飯含む)
食事代その他:6ユーロ + 120スイスフラン程度
交通費:
飛行機代(Schiphol⇔Geneva) 82ユーロ + 鉄道代(Enschede⇔Schiphol) 26.4ユーロ
鉄道代(Geneva⇔Zermatt) 220.2スイスフラン + ロープウェイ代(Zermatt) 110スイスフラン +
船代(Montreux) 7.5スイスフラン

計8万2円也
※為替 1ユーロ 110円、 1スイスフラン 85円として計算

<感想>
スイスの自然は素晴らしいの一言。
Zermattは訪れる前から非常に期待していたが、その期待を裏切ることなく、
感動させてくれた。旅行中、天候がずっと良かったのが大きいだろう。

ちなみにスイス人は親切な人とそうでない人が結構分かれた。
特にスーパーの店員とかの質は悪かった。
人はオランダの方が良さそうだ。

ともかく、大自然に触れたくなったらまた来ようと思う。
アルプス山系の雄大さは桁違いだ。

オランダ生活200日目

9月14日(火) 雨

今日でオランダに来てちょうど200日だ。

今日は有給を取っていたので、スイス旅行の写真を整理して
ブログに載せたりと、家でマッタリ過ごした。

旅の疲れもあってか、またヘルペスが出てきたみたい。
あと、喉も痛い。

ゆっくり、休養して明日に備えるかな。

オランダ生活201日目

9月15日(水) 晴れ

今日は風邪気味で喉痛し。
ゆっくり寝るとしよう。

オランダ生活202日目

9月16日(木) 晴れ時々曇り

昨日はよく寝たせいで、少し体の調子も回復。

今日は大学でタダ飯のパーティがあったのでそこで夕飯を食べてきた。
最近、牛肉以外の肉はオランダでも旨い。

オランダ生活203日目

9月17日(金) 晴れ時々曇り

オランダは急速に秋が近づき、すっかり寒くなったので、
今日は暖まる韓国の辛ラーメンを食べてみた。

アジアンショップで辛ラーメンは0.85ユーロ。100円ぐらい。
ens_17_Sep

オランダに来てインスタントラーメンといえば、日清の出前一丁ばかり食べていたが、
これからの寒い季節はこの唐辛子のきいた辛ラーメンも良いだろう。

オランダ生活204日目

9月18日(土) 晴れ時々雨

オランダの薬。

オランダでは風邪ぐらいでは医者に診てもらうことはないそうなので、
結構、普通のスーパーや雑貨店で薬を買うことができる。

ここ最近、体調を崩していたこともあり、日本から持ってきた薬もあるが、
この際、オランダの薬を買ってみた。

まずは、熱が出た時の薬。
Ibprofen。イブプロフェン。 消炎作用もあるようなので、喉の痛みにも効くかも。
これが10錠で驚きの0.99ユーロ。安っ。
ens_18_Sep_1

次は、口唇ヘルペス用の塗り薬。
オランダにきて、ヘルペスに連続で二回かかったので購入。
Zoviraxとかいうメジャーメーカーの薬を買いに行ったのだが、薬局の人が
成分は同じだからということで、安い方を購入。。4.5ユーロ程度。
ens_18_Sep_2

最後は、鼻づまりの薬。
本当は風邪の為に鼻が詰まっていたのだが、runny nose とか stuffy nose とか行ってたら
stuffのみ通じて、鼻づまりの薬をすすめられた。。
まぁ、慢性鼻炎でもあるのでとりあえず購入。2.5ユーロ程度。
ens_18_Sep_3

オランダは医療制度が整っているのか、大衆薬が日本より格段に安いことが分かった。

オランダ生活205日目

9月19日(日) 曇り時々雨

今日は天気も悪く、日曜日ということで店も開いてないので、
家でブログの整理などしてダラダラ過ごす。

特にすることもないので、久しぶりに料理をしてみた。

今日は、かやくご飯に挑戦だ。

オランダに来て初めて鶏肉を買ってみた。っというのもオランダでは鶏肉が高い。
高い鶏肉を買うなら、美味い豚肉の方がいいと言う訳である。
なお、オランダでは鶏肉が一番高く、次に牛肉、最後に豚肉の順だ。

それにしても、かやくご飯にはやはり鶏肉がいるかなと思い、以下の手羽元を購入。
オランダのスーパーではササミのような鶏肉がメインなので脂ののった鶏肉を手に入れるには手羽元になる。。
cook_19_Sep_1

かやくごはんの具として、シイタケも購入。
オランダでもshiitakeとしてそのまま売られている。ちなみにこれの倍ぐらいの量で2ユーロ。
オランダではshiitakeは少し高めの食材かな。。
cook_19_Sep_2

シイタケとニンジンを細かく切って入れる。
味付けは醤油と酒(日本人の方からもらったもの)と日本から持参したホンダシ。
cook_19_Sep_3

そしてメインの鶏肉は、一旦圧力鍋でホロホロになるまで煮込む。
柔らかくなった鶏肉の骨と軟骨を除いて、投入。
cook_19_Sep_4

後は炊くだけ。

待つこと15分で炊きあがり。
cook_19_Sep_5

まずは一口。
美味ェェェェェ!

手羽元を使ったせいで脂も乗ってて、ご飯にコクがあって美味い。
あらかじめ圧力鍋で手羽元を煮込むのが少し面倒だけど、これは美味い。

また、一つ日本食のレパートリーinオランダが増えた一日だった。

オランダ生活206日目

9月20日(月) 曇り時々雨

今日は日本の祝日だが、普通に出勤。
テンションの上がらない一日だった。

夕食のかやくご飯が美味かった。



何気にKLMのWEBを見ていたら、今はお得なセール中みたいだ。
Royal Dutch Airline
http://www.klm.com/travel/nl_en/campaigns/worlddeals/index.htm

こりゃ、予約するしかないな。

オランダ生活207日目

9月21日(火) 晴れ

昨日はとりあえず、iPhoneの新しいOS、iOS4.1にアップデートしてみた。
アップデートそのものは15分ほど終了。

ens_21_Sep

GameCenterなるアイコンが出現。
iOS4でなんだかゲームができるようだが、今のところ興味の無いので特にiOS4→iOS4.1のアップデートでは
使っているのがiPhone3GSといったこともあり、これといったメリットも無かった。。

それはそうと来週は、仕事でパリに行くことになったが、鉄道のチケットが今日無事に届いた。

パリへの鉄道予約は、一ヶ月前の個人旅行と同様に、以下のサイトで。
http://www.tgv-europe.nl/nl/

ホントは自分でチケットをプリントするので良かったんだけど、このサイトで予約すると、
どうも郵送が間に合う場合は、チケットを自分でプリントするオプションが選べず、
強制的に郵送となるみたいだ。(オランダの郵便は間違いもあるので逆に不安だが、、)
まぁ、郵送料も無料なので、届いた今となっては何も問題ないが、、

今は、このパリ出張にあわせて、ポルトガルでも行ってみようかと考え中だ。

オランダ生活208日目

9月22日(水) 晴れ

今日は天気がよく暖かい日だった。
ens_22_Sep_1


大学からの帰りにウサギがいたので撮ってみた。
ens_22_Sep_2

夏によく見かけたもっと小さい、茶色のウサギは警戒心が強く、
ちょっとカメラを出そうとしただけでも飛んで逃げていたのに、
コイツはなぜかカメラを向けても全く動じなかったので、撮ることができた。

この辺りにはリスや鳥もいて、癒されている。

オランダ生活209日目

9月23日(木) 晴れ

今日は天気がよく暖かい日だった。

そんな日も今日で終わりのようだ。
明日からは雨らしい。

今日はイチローが10年連続200本安打を達成したらしい。
イチローも36歳だが、11年連続を期待したい。

ちなみに先日、iPhoneをiOS4.1にアップデートしたら、
益々バッテリーの持ちが悪くなった気がする。
特に、GameCenterがバックグランドで起動していると酷い。
意味の無いマルチタスクで、間違って起動してしまったらわざわざ切るのが面倒だ。。

多分、Skypeやらなんやらサインインした状態のアプリを置いとくと、何もしないでも
一日でバッテリーがなくなると思う。。

オランダ生活210日目

9月24日(金) 曇り時々雨

尖閣問題で船長釈放。

こんな幕引きは日本人として、腹立つ。


那覇地検の判断で日中関係を考慮して釈放? もう阿呆かと。。

自分も含めて、事なかれ主義の日本人が阿呆な政治家を生んだと思うと、益々腹立つ。

逮捕した海上保安官も今日は悔しくて眠れんだろうな。。


オランダ生活211日目

9月25日(土) 晴れ

今日は晴れて暖かい日だった。

土曜日なのでマーケットや電器屋をぶらぶら。
アルバートハインで買い物。

日本のリンゴ。富士。
ヨーロッパは日本より一回り小さいサイズが好まれる。
一個、50~60セントぐらい。
ens_25_Sep_1

こっちに来てからリンゴの皮をむかずにそのまま食べるようになった。
日本のFujiかGoldenDeliciousという銘柄のリンゴが美味い。

いつもはアジアンショップで豆腐を買うのだが、
今日はアルバートハインの豆腐を買ってみた。さて美味いのかどうか。。
ens_25_Sep_2

デジカメにゴミが映り込むようになったので、18時ぐらいに
やっぱり新しいのを買おうと電器屋にいったら、もう閉まってた。。
17時を過ぎると人通りもほとんど無くなり、寂しいものだ。

こんな時は日本が懐かしく思う。



オランダ生活212日目

9月26日(日) 曇り時々晴れ

牛タン。

先日、肉屋で買った冷凍していた牛タンを自分で捌いた。
最初に牛タンを買った時はたった2.5ユーロだったが、今回は5ユーロ弱。
足元を見られたのか量が多かったのかわからないが、まだ激安なので良しとする。

一人で捌くのは初めてなので、悪戦苦闘すること20分ほどで、なんとか完了。
cook_26_Sep_1

タン元は脂がのっていて旨そうだ。
cook_26_Sep_2

フライパンでさっと焼いて完了。レモンをかけて頂く。
cook_26_Sep_4

牛タン独特のサクサクした食感がちゃんとあって美味しい。
スーパーでうっているオランダの牛肉は家で焼いても不味いが、牛タンは美味い。




オランダ生活213日目

9月27日(月) 雨

今日は雨が降って手がかじかむほどの寒さだった。

夕食は、牛タンのタン塩にはできない部分の肉でカレーを作った。
圧力鍋で煮込むと肉がホロホロで美味い。
cook_27_Sep

今週の水曜からパリに出張でしばらく外食だ。
今度はコンフィ以外の別のフランス料理にもチャレンジしようと思う。

オランダ生活214日目

9月28日(火) 雨のち晴れ

久々に散髪に行ってスッキリ。

さて、明日から金曜日まで仕事でフランスだ。

先月、フランスに旅行したばかりで特に観光する気もないが、
ついでに日本食とフランス料理が楽しめると良いな。
プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。