スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ生活277日目

11月30日(火) 雪のち晴れのち曇り

今日は朝から雪。

流石に雪が降るぐらいだから寒いことは寒いが、まぁ雨よりはましかな。

帰りは20時ぐらいだったけど、もう既にヒートテックのインナーを履くだけでは寒い。
今年のオランダの冬も厳しそうだ。

今日はようやく、ゴミ箱開閉カードと思われるものが届いていた。
ちなみにその再発行手数料は10ユーロ。銀行口座からの引き落としになる。

これでやっとゴミ袋地獄から解放される。。


今日は最後に、オランダのデザートを紹介しておくと、、
最近教えてもらった飲むカスタード?
ens_30_Nov_1

中身はこんな感じ。これはラム&レーズン味なので、見てくれは悪いが風味は良い。
ens_30_Nov_2

他にも何種類かテイストが異なるものがあるんだけど、
バナナ味はフアフアした食感で美味かった。
スポンサーサイト

オランダ生活278日目

12月1日(水) 晴れ後、雪

朝は晴れていたこともあって、それほど寒さを感じなかったが、
帰りは、風が強かったこともあり、かなり寒かった。

オランダニュースのポートフォリオによると、風のせいで体感温度は-17℃にも達するそうな。。
帰りの自転車では鼻がもげるかと思ったよ。

12月の初旬で、すでに気温は-7℃~-9℃。
これから先が思いやられる。。


昨日届いたゴミ箱開閉用カードで、ようやく家のゴミを一ヶ月ぶりに処分。
これで、ほぼ元の生活に戻れた。後はINDに申請中の滞在許可証の再発行を待つのみ。

さて、週末のチェコ旅行の計画でも練るかな。。



オランダ生活279日目

12月2日(木) 雪

今日も雪。

ヤフーニュースにある通り、欧州では寒波となっており、
空港閉鎖や死者もでているそうな。

ヤフーニュース 欧州で寒波
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/uk/

ここオランダも当然寒い。
厚手の手袋にニット帽、マフラーを顔に巻いて今日も通勤。 寒ー。


ちなみに、今日は夕食に缶詰のソーセージを食べてみた。

缶詰のソーセージ。
food_2_Dec

日本では缶詰のソーセージなんて見かけないが、こっちではそこそこポピュラーな缶詰のようで、
スーパーでは、それなりの品ぞろえがある。

珍しいので買ってみたが、肝心の味の方はというと、、

美味くない。

まず、ふにゃふにゃで食感が悪くて、全くジューシーさが無い。

日本のソーセージのレベルの高さを改めて実感。
あぁ、シャウエッセンのソーセージが食べたい。。

オランダ生活280日目

12月3日(金) 晴れ時々曇り

雪は降っていなかったが、気温は日中でも氷点下の為、相変わらず寒い。

ニット帽をかぶった上でマフラーで顔を覆ってなんとか寒さを凌ぐ。
これから一月、二月とどこまで寒くなるんだか。。

そういえば、今なにかと話題になっているウィキリークスで、
オランダとベルギーにアメリカの核兵器が配備されていることが公表されたそうな。

日本に核がなくて、オランダに核がある不思議。
これは政治家の差かな。いや、国民の差かもね。


さて、明日からチェコ旅行だ。
そろそろ用意でもするかな。

幻のPrague!? オランダ生活281日目

12月4日(土) 雪

今日は、チェコのプラハ(Prague)旅行の日だ。

ここEnschedeは、昼過ぎは晴れていたが、いざ出発する時になって曇りはじめた。
ともかく、14時過ぎにEnschedeを出発。

この時は、この後に待ちかまえる不運など知るよしもなかった。。

※注 今回はオランダ国鉄の路線図を見ながらお聞きください。
http://www.ns.nl/cgi-bin/spoorkaart/spoorkaart


電車に乗ること30分。雪降る中、順調に途中駅のAlmelo駅を通過。
ここまでは良かった。。

が、しかし、Almeloを過ぎた当たりで、車掌のアナウンスが入り(オランダ語でチンプン)、
急に列車が鈍足に。。
あれよあれよという間にスピードが落ちて、ついには自転車に毛の生えたような速度に。。

すぐに元に戻るかなと期待していたが、なかなか戻らない。。
こんな状態がかなり続いて、次のDeventer駅にやっと到着。
いつもならEnschedeからDeventerまで40分の所、今日は60分かかっている。。

まだ、これくらいの遅れならフライトの時間の17時55分には間に合う。

そうこうしている内に次のApeldoorn駅に到着。まだ25分ぐらいの遅れのまま。

このまま行ってくれーっと心で祈っていたが、現実は甘くなかった。

この電車はもともとUtrecht Centraal駅乗り換えだったが、その前のAmersfoort駅で
全乗客が降りるようにとの非情のアナウンスが入る。
(もちろん、これもオランダ語でチンプンだったが、後ろの席の人が誰かに英語で説明しているのを聞いた。)

あちゃー、皆降ろされたとなると、ここからかなり面倒なことになるなと思ったが、
まさにその通りだった。悪い予感はなぜか的中する。。(この勢いでロトも当たれよ全く。)

Amersfoort駅は人で混雑しており、行き先表示板もプラットフォームによっては、
なにも表示されなくなっている。。

とりあえず、インフォメーションセンターに並んで聞いてみる。

私「スキポール空港まで行きたいんですが、、」
駅員「じゃ、そこの7番のUtrecht Centraal行きに乗って」
私「はい。」

いわれた通りに、そのプラットフォームに行くとIntercityが止まっている。
早速、乗りこんで出発を待つ。

ところが、一向に出発しない。
しばらくして、またもやオランダ語のアナウンスが。
っと同時に乗客がわらわらと降り出す。どうやら全員降りるようにと言っているらしい。

降ろされた電車は、しばらくしてどこかに行ってしまった。。
そうこうしているうちに、違うプラットフォームからAmsterdam Centraal行きのsprinterが出発。
(あれ?あっちの方が早かったんじゃねーの??)

仕方がないので、またインフォメーションセンターの行列に並ぶ。
もうこの時点で40~50分の遅れ。当然焦る。。

また同じ係の人にSchiphol駅までのルートを聞いてみる。

私「Amsterdam Centraal経由とUtrecht Centraal経由はどっちが早いねん!」
駅員「それは、5番のAmsterdam centraal行きを乗って」
私(さっきは、Utrechtといったくせに、どっちやねん。イライラ)

しぶしぶ、先ほど見送ったAmsterdam Centraal経由で行くことにする。
が、一本前のAmsterdam Centraal行きのsprinterはほぼ定刻に出発していたにもかかわらず、
今回はなかなか出発しない。10分、15分と混雑した車内で待つうちに、
別のプラットフォームからUtrecht行きの電車が出発する。

今度はそっちが出発するのかよっ!(三村風)

もうこの時点で今回の旅に暗雲が立ちこめている。。

ほどなくしてこちらの電車も出発。
しばらく電車が走ってHilversum駅に到着。

ここでまたもや無情のアナウンス。(オランダ語なので、おばさんが英語で周りに説明してくれた)

「この列車はここまでです。これからはバスで行ってください。」

はぁっ???????????

(もう、フライトには間に合わない気がする。。)

これからバスに乗ってAmsterdam Centraalまで行って、そこから普通に電車でSchipholにいけるのか
どうなのかわからないが、とにかく皆についてバス停までいく。

がっ、バスは全然来ない。(電車の乗り換えなら、さっさとバスを用意しとけよ。オランダ国鉄がっ。)


バスを諦めて、またHilversum駅に戻る。
もうこの時点でフライトの出発時間となる。

ここで、Enschedeの日本人に連絡して、easyJetの出発状況を確認してもらう。
もうこの際だから、雪でフライトがキャンセルになっていればと思っていたが、
どうも普通に出るみたいだ。
(但し、easyJetは遅れて当たり前の航空会社なので、まだ希望を残しUtrechtに向かうことに)

ただ、HilversumからUtrecht行きの電車も定刻を過ぎても全く現れない。。
暫くして、アナウンスが入り、ホームが変わったらしい。
(オランダでは直前にホームが変わることも多々ある。)

ホームを移動して待つ。寒い。。
電車が来たが、stoptreinだ。 (日本の各駅停車。鈍行。)

もうフライトは駄目だな。。

そうこうしてようやくUtrecht Centraal駅に到着。この時点で6時45分。
奇跡の逆転勝利を信じて、Utrecht駅の中央になるでっかい行き先表示の電光掲示板を見に行く。

Utrecht駅からSchiphol駅までは一本で、intercityなら20分くらいのはずだ。

Utrecht駅の電光掲示板。
utrecht_4_Dec_1

まっさら。キーーーン。

その後、アナウンスにて、
「スキポール空港に向かわれるお客様は、Amsterdam Centraalまで行った後でバスで乗り換えて、云々。。」

あー了解了解。
今から、いつ出るかもわからないAmsterdam Centraal行きの電車に乗って、そこからバスっと。。


はい。終了ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
今回のプラハ旅行は空港に行くこともなく終了ーーーーーー。ピーピーピー。

プラハ旅行おわた。
(ってまだ始まってもいねぇよ。始まる前に終了。。)


プラハ旅行が夢と消えた瞬間だった。







オランダ国鉄のヘタレがっ。


プラハ旅行


雪の為、列車が乱れてフライトに間に合わず。

フライト、ホテルなどで、
140ユーロほど損した。


スラれるなど最近ついてないな。
そういや、ナイナイ岡村復活おめでと。















Utrecht in オランダ生活281日目

12月4日(土) 雪

プラハ旅行が始まる前に終了してしまったので、ミッフィーの生まれ故郷でもある
Utrecht(ユトレヒト)をちょっと観光してみた。

ちなみにUtrechtはオランダに来てすぐの時に、既に観光で一度来ている。
オランダ生活2日目(ユトレヒト)


しかし、夜のUtrechtは初めてだったので、観光してみるとこれが思いの他、綺麗で良かった。

Utrechtの夜の街並み。
utrecht_4_Dec_2

オランダらしい運河があり、雪と相まって美しい。
utrecht_4_Dec_3

教会も映える。
utrecht_4_Dec_4

クリスマスに向けたライトアップは、Enschedeよりは多少ましかな。。
utrecht_4_Dec_5

教会。只今19時10分です。本来なら今頃プラハに。。うぅ。
utrecht_4_Dec_6

このまま帰ったら阿呆らしいので、今日は少し良さげなレストランに入ってみた。
utrecht_4_Dec_7

客の入りもそこそこで、まぁ、こんな感じでオシャレな落ち着いた店だ。
utrecht_4_Dec_9

とりあえず、ビールを注文。このパンがオランダにしては、外がカリっとしていて美味かった。
utrecht_4_Dec_8

今日はがっつり、ビーフサーロインステーキを注文。22.5ユーロ。ちょっと高め。
utrecht_4_Dec_10

付け合わせの野菜とフリット。
utrecht_4_Dec_11

正直、肉は期待したほど美味くなかった。(オランダらしい赤身のお肉でした。)
チップ込みで30ユーロ。(5ユーロのチップは多すぎかな。)
やはりオランダは外食が高い。

しかし、まぁ全体としては満足した。

お腹が一杯になったところで、もう少し街をブラブラ。
っといってももうすることが何もないけど。。

運河沿いを歩く。
utrecht_4_Dec_12

少し人気も少なくなり、良い感じの雰囲気だ。
utrecht_4_Dec_13

もっと北に行くとこんな感じ。
utrecht_4_Dec_14

ここで、雨かアラレかわからないけど、そんなものが降ってきたので、
駅に戻ることに。しかし、外は豪雪でもないのに、なんで電車があれほど乱れたのか。。

駅に着くと、タイミングの良いことにEnschedeの文字が。ご覧のとおり、表示板も復活している。
utrecht_4_Dec_15

ようやく元にもどったかー、遅いよ全く。

っと思いながら、プラットフォームまでエスカレーターで降りて行く。


ところが、まだこれで終わりではなかった。


いくらまっても電車が来ない。来る気配がない。
というか、全然ちがう電車が停まってるし。。
utrecht_4_Dec_16

心配になって、またエスカレータを戻って、さっきの表示板を見に行く。

っと、そんなことはなかったかのように無表示になっている。。

はーーー?? あのEnschedeの文字はどこいった?

中央の電光掲示板を見てもEnschedeは消えている。。

オランダ国鉄にはよくあることとはいえ、期待させるなよ全く。。

しばらく、待っていると20時50分発、Zwolle駅のstoptreinの表示がでる。
皆ぞろぞろとそのプラットフォームに向かうので、ついていく。

途中、アナウンスでintercityに変わったといっていた。

既に、フォームにはintercityの電車(二階建て)が停まっている。
そして、車内激混み。当然、立ち。

10~15分まって動きだす。車体はintercityでも普段停まらない駅にいろいろと停まって、
なんとかAmersfoort駅に到着。

そこでようやくEnschede行きの文字が。よーやく帰れる。って何しに行ったんだが。。


そして、11時15分にEnschede到着。

今日は移動だけで、7~8時間。疲れたよ。






オランダ生活282日目

12月5日(日) 曇り

本来、チェコに旅行に行くはずだったが、行けなかったので、
今日は家で久々に料理してみた。

スーパーで売っているツナ缶。
cook_5_Dec_1

醤油、味醂、酒、蜂蜜、砂糖で味付けして、フレーク完成。
飯ウマ。
cook_5_Dec_2

日本の乾燥ヒジキをつかって、初めてヒジキを作る。
cook_5_Dec_3

これまた簡単に完成。味付けは醤油、味醂、酒、少し蜂蜜。
和食用の良い小鉢が無いのは痛いが、、味は悪くなかった。
cook_5_Dec_4

メインはポトフ風、キャベツと豚の煮込み。
圧力鍋で5分程にて完成。具材からいいダシがでて美味い。
cook_5_Dec_5

やっぱり、オランダでは自炊する和食の方が美味いな。

さて、明日は有給の予定だったが、旅行も行けなかったことだし、出勤するかな。。

オランダ生活283日目

12月6日(月) 曇り

先週までの寒さも今日は一段落。
週末の雪もかなり溶けていた。

さて、週末はオランダ国鉄が雪でマヒしたせいでチェコに行けなかった訳だが、
予約していたチェコのホテルにその旨、伝えると
「料金はいりませんから、次のお越しをお待ちしてます」という親切なメールを貰った。

外国はもっとシビアかと思っていたので、なんか嬉しい。
これで、さらにチェコに行きたくなった。

懲りずに一月の飛行機を調べると、easyJetでプラハまで50ユーロしない。
さらに安くなっている。

ただ、安い分、かなり気候が厳しいとは思う。
しかし、なんとかチェコに行きたいので、これから検討しよう。


今日の夕食に久しぶりにサラダを付けてみた。

スーパーでもハムの種類は豊富で、そこそこ美味しい。
生ハムも2ユーロちょっとと日本では考えられない値段だ。
cook_6_Dec_1

後はこっちに来てはまったモッツァレラチーズ。これなんて50セントぐらい。激安。
cook_6_Dec_2

あとは昨日と全く同じものを食べる。
しかし、2日目のヒジキは激ウマ。



オランダ生活284日目

12月7日(火) 曇り

今日もこの時期のオランダらしい、どんよりとした曇りだった。

ただ、昨日に続いて先週程の寒さは無い。

今日は塩豚を仕込んでみた。
詳細はまた後日。

オランダ生活285日目

12月8日(水) 曇り

今日もどんよりとした曇り。
昨日と同じで、先週よりは幾分寒さも和らいだ気がする。


今日は教会前に巨大クリスマスツリーが登場。
ens_8_Dec_1

クリスマスも近い。

オランダ生活286日目

12月9日(木) 晴れのち雪、のち雨

めまぐるしく天気が変わる一日だった。

朝出かける時は、珍しく晴れていたが、ものの20分ほどで雪に。
昨晩も雪が降っていたようで、こんな感じの風景に。
池が完全に凍り、その上に雪が降り積もっていて、もう池があることすらわからない。
ens_9_Dec_1

最近、寒さで雪ばっかりだったが、帰りは久しぶりの雨。
やっぱり雪の方がいいな。

今日はカルボナーラを作るべく、スーパーでベーコンの角切りを購入。2ユーロ。
オランダのスーパーでは、こういった角切りベーコンがいろいろ売られている。しかも激安。
一番安いものだと500gで1ユーロしなかった。あまりに安いので逆に心配になる。
ens_9_Dec_2

結局、カルボナーラは失敗した。 卵がモコモコに。
カルボナーラは意外と難しい。。でも、味は悪くなかった。

デザートには、カステラみたいなものを買ってみた。
ens_9_Dec_3

30gで118kcal。総重量が500g(かなりの迫力)なので、全部で2000kcal。

こんなの食ってると確実にメタボになるな。



オランダ生活287日目

12月10日(金) 雨

今日は、昨晩の雪に朝から降る雨が合わさり、
道路がアイスバーンになって、大学にいくのも一苦労だった。

あいにくの天気ではあったが、早めに仕事を終えて、
半期の一度の研究室のイベントに参加した。

外では寒すぎる季節になってしまったので、
今回のイベントは自分たちでディナーを作り、それを食すというものだった。

日本では料理合コンなんてのが数年前から話題になっているが、
まぁ、そんな感じのものを男だけでやる(秘書さん除く)といったシュールな企画だ。

お店の名前は、Kock&Co。
ens_10_Dec_1

お店にはいると、気持ち悪いサンタクロースがお出迎え。
ens_10_Dec_3

自分たちで料理するキッチンはこんな感じ。20~30人は余裕。
ens_10_Dec_2

オランダ語で書かれたレシピが用意され、二人一組になってそれぞれの組が
レシピに書かれた違った料理にチャレンジする企画のようだ。

オランダ語を翻訳してくれるオランダ人とペアになって、
チョコレートムース作りにチャレンジ。

ってか同じ研究室なのに名前も知らない学生といきなり料理するのは
人見知りにとっては、かなりハードルが高かった。

チョコレートムース自体は料理のステップも少ないのとお店のスタッフのアシストもあって、
結構スムーズに完成! しかし、卵白の代わりを果たす液体をぐりぐり手でかき回して
泡立出せるのには疲れた。。

デザート作りは簡単な部類だったようだが、2時間ほどかかって、全ての料理が完成。

前菜は、ゴーダチーズをチョイス。
ゴーダチーズは少し癖があったが、クリーミーなのは良い。
写真は撮り忘れた。。

そして次は、誰かが作った魚のスープ。 聞いたこともない魚で癖があったが、まぁ食べれた。
そもそも、同じ研究室の誰かが作ってるので不味いとはいえないけど。
ens_10_Dec_4

メインディッシュは魚料理をチョイス。多分、カレイ。
オリーブとトマトで味付けされている。これはまぁ癖もなくてそこそこ美味しかった。
つき合わせのチーズインジャガイモは、結構美味かった。
ens_10_Dec_5

そして、デザート。
右上のチョコレートムースが我々が作ったもの。
我ながら、かなり味は良かったと思う。
ens_10_Dec_6

ちなみに、この会のお値段は一人60ユーロ。自分で料理したのに高ぇ。

しかし、今日は皆がベラベラしゃべる英語についていけなくて、貝状態になってしまった。
まったく成長していない自分の英語にある意味、愕然。 結構、凹んだ。

そういえば、今日コンビを組んだ相方の名前も聞いてないや。。
なんだかんだで、疲れたよ。

オランダ生活288日目

12月11日(土) 雨

今日は胃もたれ。
昨日食べ過ぎた。。

しかし、あいにくの雨の中、週末の食材を買出しに。
今日は結構暖かく感じたので、日中は氷点下にはなってなかっただろう。

久しぶりにカレーを作ってみた。

Albert Heijnで肉、ジャガイモ、ニンジンを購入。
cook_11_Dec_1

皮をむいたものなんで、とっても料理が楽だ。
何度も言っているが、肉は100gで1ユーロもしないので、安い。
牛肉はそのまま焼いても美味くないが、圧力鍋で煮込むカレーには合う。

肉やジャガイモ、ニンジンを炒めた後に、玉葱を買うのを忘れていることに気付く。
仕方がないのでオニオンスープで代用。
cook_11_Dec_2

カレールーはS&Bのルーを使用。
調理時間は圧力鍋なので30分で完了。

お手軽だが、やっぱりカレーは美味い。
cook_11_Dec_3


そういえば、これまで牛タンを買っていた肉屋が随分前から
ブルーシートで覆われ閉店中だ。
Enschedeで見つけた唯一、牛タンが買える店だったのに残念だ。。


オランダ生活289日目

12月12日(日) 曇り

塩豚。

本来、塩豚(パンチェッタ)というのは豚バラで作るようだが、
こっちの豚バラは大きいサイズのものが無いので(牛肉はデカデカサイズで売ってるのになぜだろう。。)、
今回は、hamlappenという部位で塩豚作りにチャレンジ。
それにしてもこっちの豚肉は安い。1kgあたり5ユーロだから。100gで55円。
cook_12_Dec_1

塩は少し良いのを購入。自分でゴリゴリ削るタイプ。
cook_12_Dec_2

どのくらい塩を振っていいのかわからなかったので、
普通の塩、コショウを振る感じの3倍ぐらい振ってみた。。
本当は5倍ぐらい振るのが塩豚なのかもしれないが、塩辛いと食えないので少なめ。
cook_12_Dec_3

ラップで空気を抜いて密封。
そして、4日間冷蔵庫で保管したものがこちら。
こっちの豚肉は腐り易く、すぐに色が変わるが、今回は塩のせいか、殆ど色が変わっていない。
cook_12_Dec_4

ササッと焼いて、塩豚ソテーの完成。サラダには自家製ドレッシング(醤油、酢、オリーブオイル、ニンニク)を。
cook_12_Dec_5

そして、アジアンショップで購入した豆腐と、日本の増えるワカメちゃんで味噌汁も作ってみた。
cook_12_Dec_6

肝心の塩豚の味は、ソテーには丁度良い感じの塩加減でなかなか美味かった。よく塩味がしみ込んでいる。
この豚の部位は、豚トロほど脂がのっている訳ではないが、歯触りが良く美味い。

もっと塩を振って、チャーハンに入れると良いかもしれない。
まぁ、初めて塩豚を作ったにしては成功かな。


今日は、第一日曜日にも関わらず店が開いてたみたいだ。
例のごとく引き籠もっていたのでよく知らないが、人通りがかなりあった。。
クリスマスが近いせいかな??

それはそうと年末のイタリア旅行のホテルを予約した。
予約し忘れていたローマの3泊分。1泊、120ユーロと思いの他、高かった。



オランダ生活290日目

12月13日(月) 曇りのち雪

今日は、自転車のブレーキとギアが全く効かない原因が
ワイヤーの凍結だということがわかった。。
ens_13_Dec_1

寒さでワイヤーのチューブが凍って全くブレーキレバーが引けなくなる。。
オランダは自転車大国である割には、自転車自体はしょぼい。。

朝は雪も全く残っていない程、最近は少し暖かかったのだが、いつの間にやら
雪が降り積もって、帰る頃にはご覧の通り。
ens_13_Dec_2

3~5cm降り積もった雪の中、自転車で帰るのはしんどいもんだ。。

オランダ生活291日目

12月14日(火) 曇り

昨日の雪が残り、今日寒かった。
最近はもう16時半ぐらいには暗くなり、陰鬱な季節だ。

まぁしかし、クリスマスまではライトアップなんかもされていて
冬は冬なりの味わいがある。

ライトアップされたクリスマスツリー。
ens_14_Dec_1

今日の夕食はカレー。
っと言っても今日はカレーうどんにしてみた。

アジアンショップで初めて買ったうどん。70セントぐらい。
cook_14_Dec_2

カレーうどん完成。って、うどん温めてルーをかけるだけ。。
cook_14_Dec_1

アジアンショップのうどんは美味くないと聞いていたが、
カレーうどんにしたせいか意外に美味かった。

オランダ生活292日目

12月15日(水) 曇りのち、晴れ

クリスマスが近づき、何かとクリスマスチックなものが目につく。

先日買ったプリングルスもクリスマス仕様。
ens_15_Dec_1

しかし、良く見るとなんか気持ち悪かった。。
ens_15_Dec_2


そういえば帰りに無灯火の自転車が警察に捕まっていた。。

無灯火で罰金をとるのはいいとして、オランダのライトがボロいのは何とかならないものかな。
自転車に付属のフロントライトは買ってすぐに壊れて、リアライトは消すことが出来なくなって常に点灯中。
その内、電池切れで点かなくなるだろう。。

こんなんで無灯火で罰金とられたらシャレならんよ。
常にスペアライトを持っていないといけないな。

オランダ生活293日目

12月16日(木) 雪

さかなクンさん??

ギョギョギョでお馴染のさかなクンが、絶滅種とされていたクニマス(国鱒)の再発見に大きく貢献したらしい。
お手柄 さかなクン=クニマス再発見

日頃、地元の漁師達はクニマスによく似たヒメマスの亜種かなんかだと思って、
クニマスであることに長年気付かなかったらしいけど、さかなクンが依頼されたクニマスのイラストを
描くために取り寄せたヒメマスの中に、クニマスの特徴を持つ個体がいて、
京大の教授に連絡し、この絶滅種の再発見に繋がったらしい。

もちろん、運もあるけど日頃の知識の積み重ねがこの気付きに至ったんだろう。
さかなクンが書いたクニマスのイラストからもわかるように観察眼も凄い。
こりゃ、京大教授もさかなクンにイラスト依頼するはずだわ。

このニュースでさかなクンが気になって、いろいろネットで見てみたけど、
さかなクンが出演したBBCでは、眼隠しで食べさせられた魚が何であるかというのを
凄いスピードで絵(かなり上手い)にして、見事正解したのには驚いた。


さらにさかなクンに関連して、NHKの広報がTwitterで「さかなクン」とコメントして
「さんをつけろよ デコ助野郎」とネタでつっこまれたのに気付かなくて、まじめに謝罪して
↓こんなコメントしてみたりで、面白かった。

「先ほどのツイートで、さかなクンさんを、さかなクンとお呼びしてしまいました。
たいへんな失礼をいたしました。申しわけありません。お詫びして訂正いたします。何卒ご容赦ください。」

その後の日テレのTwitterキャラのダベアとのやり取りも面白い。

このTwitterでのやりとりは以下のサイトで見れる。
NHK_PRのさかなクンさんへの謝罪
普段全く、Twitterをやらない自分だが今回は楽しめた。


ちなみに私も、最初「さんをつけろよ デコ助野郎」の意味がわからなかったけど、
大友克洋のAKIRAのセリフからきてるんだね。AKIRA懐かし。


そして、最後は朝日新聞に掲載されたリアルに感動する、さかなクンのコメント。

広い海へ出てみよう 東京海洋大客員助教授・さかなクン (朝日新聞2006年12月2日掲載)
http://www.asahi.com/edu/ijime/sakanakun.html



なんか久々に良いニュースだったよ。

オランダ生活294日目

12月17日(金) 雪

今日も雪が降って寒い一日だった。

夕食にはフライドチキンを買ってきた。
ens_17_Dec_2

しかし、アジア人だと足元を見られているのか、どんどんチキンが小さくなって、もう駄目だな。
冷え冷えでカチカチで、味もイマイチだった。

あぁ、ケンタッキーの美味しいチキンが食べたい。


今日のEnschede。
ens_17_Dec_1

オランダ生活295日目

12月18日(土) 晴れ時々曇り

シンタさんからの贈り物。

先日、大学から職員にクリスマスギフトが配られた。
日本のサラリーマンなんで厳密には職員ではないけど、一応、ギフトは貰えた。

赤と白のワイン2本。南アフリカのワイン。
ens_18_Dec_1

サンタクロースならぬシンタクラースからの贈り物。
普段は飲まないので、また、皆を呼んだときに飲もうと思う。

オランダ生活296日目

12月19日(日) 曇り

いつもの日曜と違って、外が何やら騒がしいので、
店が開いているのかなと思って、街をブラブラすることに。

やはり店は開いていた。
12月は日曜日でも、クリスマスまでは店が開いているのだろう。
ens_19_Dec_1

とりあえずマーケットに行ってみる。
流石にいつもマーケットが開かれる土曜日に比べて、店は4分の1ぐらい。
ens_19_Dec_2

今日、もし店が閉まっていたらどこかのレストランに行こうと思っていたが、
スーパーマーケットも開いていたので、食料を調達。
ens_19_Dec_3

一旦、家に戻ってから、久々にEnschedeの街をゆったりと見て回る。
この街にいるのも後2ヶ月だ。

セントラルの教会前。
ens_19_Dec_4

教会の前にはアイススケートのリンクが作られている。
写真が下手くそすぎるが、この奥では子供がスケートで遊んでいた。
ens_19_Dec_5

そこから、すぐ近くの教会前では暖をとる人達が、、
しかし、凄い火力でかなり煙たい。。
ens_19_Dec_6

この教会は私が来たときから長らく改装していたが、2ヶ月程前にようやくその工事が終わったようだ。
折角なので、教会に入ってみる。
こじんまりとした教会だが、思ったより内部は美しい。
どこでもそうだが、教会は凛とした静けさがあって、結構好きだ。
ens_19_Dec_7

ステンドグラスもなかなか良い感じだ。
ens_19_Dec_8

雪が積もる中、Enschedeの街並みをゆったりと歩いた。
今日は風が無かったので、思ったほど寒くは無かった。

さて、クリスマスまであと1週間弱。
Enschedeなりに盛り上がっている。
ens_19_Dec_9

オランダ生活297日目

12月20日(月) 曇り時々、雪

今日はとても寒かった。
帰りは靄がかかって余計寒さを感じた。
ens_20_Dec_1

週末は、雪のせいでまた飛行機や鉄道がマヒしたようだ。
26日のイタリア行きは大丈夫だろうか。。

こんな寒い日は味噌汁で暖まるにかぎる。
こっちのキノコをいれて、キャベツの味噌汁を作ってみた。
ens_20_Dec_2

やっぱり日本人は味噌汁だ。

オランダ生活298日目

12月21日(火) 晴れ

今日は久々に晴れ。

昨晩はかなり冷え込んだこともあり、街の木々が樹氷みたいになっていた。
今日は晴れていたのでとても良い感じだった。(コントラストが、、)
ens_21_Dec_1

朝の光景1
ens_21_Dec_1

朝の光景2
ens_21_Dec_3

朝の光景3
ens_21_Dec_4

朝の光景4
ens_21_Dec_5

朝の光景5
ens_21_Dec_6

今日は知り合いのPh.Dのdefenseを聞きにいった。
発表から質疑応答までまさかのオランダ語で、元々畑違いの分野であったが、
何もわからなかった。


帰りには久々に野生のウサギを見た。
こんなに雪が積もっているのに、普通にいるんだな。
ウサギは冬眠しないみたいだから、この寒さ大丈夫なんだろうか。。

夜は夜で、隣の音楽学生が歌っていて超五月蠅い。。

オランダ生活299日目

12月22日(水) 曇り

最近は夜に雪が積もって、朝昼はあまり雪も降らないので、
寒いけど、それほど悪くない気分だ。

そういえば、今朝は家にツララで出来ていて、その滴のせいかその下に停めてた自転車のハンドルが
カチカチに凍っていたのには驚いた。

夜はこんな感じでなかなか雰囲気も良い。
ens_22_Dec_1

特別、店が開いている訳でもないがクリスマスが近いこともあって
セントラル周辺は人も多く、普段よりは賑やかだ。

最近は寒さにも慣れてきたが、週末はまた気温がぐっと下がるみたいなので、この前のチェコ旅行みたいに
鉄道がマヒして飛行機に乗れないなんてことが無いように、出発の前日からスキポール入りすることにした。

今度はちゃんと旅行に行きたいものだ。

オランダ生活300日目

12月23日(木) 曇り時々、雪

今日でオランダ生活も300日だ。
ここまで、あっという間で凄く短く感じる。

ただ、この一年は去年と違い、人生の中で印象深い一年となるだろう。

まぁそれは良いとして、昨晩からここオランダでもSkypeが使えなくなっていたが、
先ほど無事ログインできたので、もう使えるようになったのだろう。

Skypeによるとスーパーノードと呼ばれるコンピュータがソフトウェアの不具合で
動作しなくなったとかなんとか。まぁよくわからんけど。。

さて、明日はクリスマスマーケットを見に、夕方からドイツのミュンスターにいく予定だ。
ドイツのクリスマスマーケットは凄いらしいので楽しみだ。

Christmas market?? in オランダ生活301日目

12月24日(金) 雪

クリスマスマーケットを見に、ドイツのMunsterに行く。

がっ、、


クリスマスマーケットはやってなかった。
というか、もう終わっていた。。
munster_24_Dec_1

教訓:クリスマスイブにクリスマスマーケットはやっていない。


仕方がないので、一時間程で全く店の開いていないMunsterを後にし、Enschedeに戻って夕食を食べる。
クリスマスイブでも開いていたトルキッシュレストラン。
ens_24_Dec_2

チキンのシチューを注文。優しい味で美味かった。
ens_24_Dec_3

こうして、今年のクリスマスイブは終了。。





オランダ生活302日目

12月25日(土) 晴れ

今日はクリスマスだ。
街中の店が閉まっている。

今日はSchiphol空港近くに前泊して、明日からのイタリア・マルタ旅行に備えるが、
午前中は、天気も良かったのでEnschedeの街をブラブラ。
ens_25_Dec_1

広場では大量の鳩達が旋回していた。
ens_25_Dec_2

ようやく見つけたガラス用ゴミ箱。(これで溜めこんだ空きビンを捨てられる。。)
ens_25_Dec_5

街中の店は全く開いていない。。
Enschede駅構内にあるバーガーキングとケバブ屋のみが開いていたので、
昼食にはこのケバブ屋をチョイス。
ens_25_Dec_3

ケバブとポテトとドリンクのケバブセット(小)で5.7ユーロ。
見てくれは悪いが、なかなか美味かった。小サイズでもボリュームは十分。
ens_25_Dec_4

午後3時前にSchiphol空港に向けて出発!
プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。