スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zermatt スイス旅行2日目 in オランダ生活197日目

9月11日(土) 晴れ

今日は晴れ渡る空の中、GenevaからZermattに向かう。

ホテルで朝食を済ませ、8時にチェックアウトし、Geneva駅で切符を買う。
初めてのスイスということもあり、GenevaからZermattまでの片道区間を1等車で買うことにした。
通常、1等チケットだとGenevaからZermattまで146スイスフランだが、
昨晩、一ヶ月有効の半額カード(99スイスフラン)を購入したので、半額の73スイスフランだった。

Geneva駅。
geneva_11_Sep_1

1等車の車内はこんか感じ。まぁ、日本人にとってはそれほど2等車と変わらない。
体の大きな外国人には変わるそうな。。
ともかく、日本人にとっての1等車のメリットは空いていることだ。
geneva_12_Sep_2

車窓からの風景。
zermatt_11_Sep_1

この辺りで持ってきたデジカメの異常に気付いたのだが、
どうもレンズ内にゴミが入ったようで、そのゴミが焦点によっては映り込んでいる!

折角のスイス旅行でこのデジカメの不良は痛すぎる。。
以降、なんとかそのゴミが映り込まないようにズームを調整したりするのに苦労した。。
このデジカメはオランダに着いた当初にいきなり起動しなくなるなど、問題があったが、
この件も合わせて、ほんとに不良品だ。。

ともかく、電車に揺られること2時間半ほどでVisp駅に到着。
このVisp駅で氷河鉄道に乗換だ。
この氷河鉄道も1等車両に乗ったが、1等車は少し窓が大きく、
上部も窓になっていて光が差し込むようになっている。ただ、そんなに2等車と比べて良い感じもしない。
zermatt_11_Sep_2

氷河鉄道は数千m級の山々の間の渓谷を走るので、景色がよくあっという間に1時間が経ち、Zermattに到着。
12時過ぎにZermattに到着したのだが、予想以上に暖かい。20℃近くあるみたい。

Zermattの街並み。
zermatt_11_Sep_3

ホテルの場所がわからず、10分ほど探してようやくホテルにチェックイン。
荷物を置いて、早速、Zermatt観光に出かける。

ちょうど昼時なので、屋台風に売っていたソーセージを購入。
How much?っと聞いたが、なぜかホワイトソーセージを買うことになっていた。。
値段は6スイスフラン。500円くらい。
zermatt_11_Sep_4

ソーセージとパンだけというみてくれで、あまり期待していなかったが、
これが意外に美味かった。ソーセージもジューシーだ。

ソーセージを歩きながら食べて、食べ終わるころには登山鉄道の駅に到着。
登山鉄道の駅はオランダ国鉄の駅の目の前だ。

この辺りは予想通り、日本人の団体観光客も結構みかけた。

終点のGornagrat駅までの片道切符を購入。
この登山鉄道も半額カードが有効なので、ZermattからGornergratまで14スイスフラン。
zermatt_11_Sep_5

出発時間まで辺りで時間をつぶした後、13時半ぐらいにZermatt駅を出発。
登山電車の車内はこんな感じ。
zermatt_11_Sep_6

車窓からの風景に心躍りつつ、40分ほどで終点のGornergrat駅に到着。
ここは既に3069m! 高ー。
zermatt_11_Sep_7

駅をでて、少し上にある展望台に向かう。
この時、すこし頭がぼーっとするようなフアフアした感覚があった。
たぶん、軽い高山病なのだろう。しばらくすると回復。
zermatt_11_Sep_8

3000m超えということで、かなり寒いのだろうとダウンジャケット着てきたが、
これが要らないくらい暖かかった。天気が良いと日が強いので暖かく感じる。

展望台からの風景。マッターホルンが美しい。
zermatt_11_Sep_9

氷河もみることができる。いやー凄い景色。
zermatt_11_Sep_10

この展望台は外でこうしてマッターホルンを眺めながら食事を取ることもできる。
zermatt_11_Sep_11

マッターホルン。
zermatt_11_Sep_12

ここからはマッターホルンだけでなく、モンブランや他のアルプス山系を見渡すことができる。
zermatt_11_Sep_13

展望台からの眺めを満喫した後、このまますぐ登山鉄道でZermattに戻るのは勿体無いので、
Gornagratからトレッキングしつつ、下の駅を目指すことにした。
zermatt_11_Sep_14

ものすごい景色。いやー感動。
zermatt_11_Sep_15

マッターホルンをバックに登山鉄道を撮る。
zermatt_11_Sep_16

この後、歩くこと数十分。
このトレッキングコースのメインといえる撮影ポイントに到着。
小さな湖に映るマッターホルン。
zermatt_11_Sep_17

素晴らしい景色が続く中、トレッキングルートを進む。
zermatt_11_Sep_18

10分程歩くと、また別の湖があり、ここでも逆さマッターホルンをみることができた。
どちらかというとこちらの湖の方が綺麗で、マッターホルンの像が綺麗だった。
zermatt_11_Sep_19

この時は、トレッキングしている人もまばらで気分が良い。
ただ、帽子や日焼け止め、サングラスはあった方がいいだろう。
(自分はどれも持っていなかった訳だが、、)
zermatt_11_Sep_20

トレッキングルートにはこのように看板がでており、ルートが分かりやすい。
Riffelberg駅には右のルートをいけば20分。左のルートをいけば40分。
zermatt_11_Sep_21

このトレッキングルートは初心者向けということで普通の格好で挑んだわけだが、
岩がごつごつしていて、予想よりここまで疲れているが左のルートを選択。

空気も良く、この景色なので気分がよい。
ただ、予想以上に暑く、この時点でダウンジャケットはお荷物以外の何物でも無くなっている。。
zermatt_11_Sep_22

トレッキングルート中は、前にはマッターホルン。
zermatt_11_Sep_23

マッターホルン。
zermatt_11_Sep_24

マッターホルン。っというようにマッターホルンを大満喫。
zermatt_11_Sep_25

ルートの中にはこういった細い道で傾斜になっているところもある。
だが、人が少ないので特に問題は無かった。
zermatt_11_Sep_26

振り返るとアルプスの山々が美しい。
zermatt_11_Sep_27

この時点でトレッキング開始から2時間近く経っており、流石に疲れたところに
ようやく、Riffelberg駅が見えた。ふー。
zermatt_11_Sep_28

Riffelberg駅に到着。
結構、トレッキングしたので、ズボンや靴が砂だらけだ。
zermatt_11_Sep_29

16時40分ぐらいの帰りの電車に乗ってZermattに戻る。
確か、RiffelbergからZermattへは14スイスフラン(半額カード使用で)。

17時過ぎにZermattに戻ってきた。
駅周辺には観光用の馬車もある。
zermatt_11_Sep_31

一旦、ホテルに戻って、シャワーを浴びてサッパリした後、夕食を食べに町をブラブラ。
日本人観光客が多いため、どこのメニューにも日本語があってあまり入る気がしなかったが、
面倒なので、適当に外にテーブルがある店で夕食を食べる。

知人からスイスに行けばラクレットがおすすめと聞いていたので、
そのラクレットを注文。
ラクレットはあぶったチーズを野菜にさっとかけて食べる料理と聞いていたが、
実際には、こんな感じのものがでてきた。。
zermatt_11_Sep_32

野菜は、じゃがいもにピクルスにラッキョ?(外国でラッキョに出会えるとは意外だ。。)
味はまぁまぁ、それほど美味くも無し。。

メインは、またソーセージを注文。不味くは無いが昼に食べたソーセージの方が美味かった。
付け合わせのジャガイモを焼いたのもイマイチ。夕食はビールも含めて30スイスフラン程度だった。
zermatt_11_Sep_33

ビールを飲みながらZermattの町を満喫。
zermatt_11_Sep_34

今日は天気も良く、マッターホルンを満喫した一日だった。
明日は朝からロープウェイを使って更に上の展望台を目指す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。