スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lisbon 1日目 in オランダ生活247日目

10月31日(日) 晴れ時々曇り

珍しくeasyJetが定刻通りにポルトガルのLisbonに到着。
スペインとポルトガルは時差が1時間あるため、時計の針を1時間戻す。

時間は昼の15時。
Wikipediaかなにかでは、ポルテラ空港から市内へのバスターミナルは離れているようなことが
書いてあったが、市内へ向かうAeroportBusは空港前のすぐ近くから出ていた。
24時間の使用で3.5ユーロ。

リスボンの空港は地下鉄などは走っていないため、バスが最も安い交通機関となる。

その市内行きのバスの車内は観光客で一杯だ。その為、治安の悪い感じはしない。
ただ、昨日スリに遭ったばかりなので当然、気を緩めることはできない。

バスで行くこと10分ほど。私一人がホテルのあるMarques de Pombal駅周辺のバス停で降りた。
ほとんど観光客は繁華街のRossio駅まで行くようだ。

ともかく、私は一旦、ホテルでチェックインしてキャリーを置きたかった。

予約したホテルは、MetroのMarques de Pombal駅近くのはずだが、よくわからない。
そうこうしていると、怪しげな二人組が大きな道路の反対側に私と並行して歩いている。
その内の一人が道路を渡って、私の後方を歩きだす。

これは怪しい雰囲気だ。

今はまだ16時前で日も明るい。ビジネス街のようなところで人はまばらだが治安の悪さを
感じるようなところではない。

だが、怪しい。
スラれた直後とあって、敏感になっている私は、信号を渡るふりをして渡らなかった。
それによって後ろの奴は信号を渡ると赤にかわる。私はそいつを凝視しているので、
そいつは何事もないようにふらふら前を進みだす。

程なくして道路を挟んで私と並んでいた奴が、私の前をいった奴を呼び戻そうと
口笛を吹いて合図をする。

その間、私は駅に向けて急ぎ足で戻った。
途中、建物の蔭から先ほどの方向をみると、あの二人が合流してキョロキョロしていた。

勘違いかもしれないが、もし勘違いでないならスリどころではなく、こいつらは強盗になる。
その場合、ナイフなり持っているだろうから命の危険がある。

幸い目的のホテルは行きすぎていたようで、別のホテルのホテルマンに聞いたらすぐに分かって
チェックインすることができた。

ともかく、スペインと同様、ポルトガルも油断できない国らしい。
見た感じの平和な雰囲気とは違うのが厄介なところだ。

ホテルにチェックインした後、しばらく休憩して繁華街に行くことにした。
治安が悪いかもしれないといってホテルに閉じこもっていては、ここまで来た意味が無い。

Marques de Pombal駅でViva viagemという24時間、地下鉄、市電、バスなどが乗り放題のチケットを
自動販売機で購入。3.75ユーロ。

このチケットを使ってBaixa-Chiado駅まで行ってみる。
駅からでたところにあった像。
Hey! Yo! ですか。
lisbon_31_Oct_1

そして、ポルトガルといえばこの市電。
広島の尾道みたいに坂が多いので、こういった市電が走っている。
lisbon_31_Oct_2

そろそろ、日が落ちて暗くなりはじめたLisbonの街。
lisbon_31_Oct_3

南の方向に坂を下って歩くと、海が見えたので、あるいて海まで行ってみると
釣りをしている人がいた。
lisbon_31_Oct_4

海を眺めつつ、なかなかの夕暮れ。
lisbon_31_Oct_5

Cais do Sodre駅からRossio駅までMetroをつかって移動。

広場のこの模様は、以前行ったことのあるマカオのセナド広場と同じだ。
マカオがポルトガル領だったことを考えると辺り前なのだが、、
lisbon_31_Oct_6

噴水もライトアップされていて美しい。
lisbon_31_Oct_7

夜の市電。
lisbon_31_Oct_8

もう19時を過ぎて良い時間なので、夕食を食べようと街を散策。
名前からしてレストラン街がありそうな、Restauradores駅周辺をぶらぶら。

そこで見つけたのがRestauradores駅の東側、Rossio駅からは北側に位置するインドレストラン。
せっかく、ポルトガルに来たのだがらポルトガル料理を食べようと思っていたが、
なんともいいカレーの臭いに誘われて、このインドカレーのレストランに決めた。

店内の様子。
lisbon_31_Oct_9

まずはビールを注文。いやー美味い。
lisbon_31_Oct_10

そして、カレーに付いてくる先つけのようなもの。
奥の濃いグリーンのソースは異常に辛い。青唐辛子のソースだ。
lisbon_31_Oct_11

そして、注文したのはCHICKEN MADRAS。7.5ユーロ。
このMADRASというカレーはちょっと辛めなのだが、先日いったHengeloのカレー屋
食べてとても美味しかった印象がある。
lisbon_31_Oct_12

カレーにはライスが付いていないそうなので、
PILOU RICEというサフランなどで炒めたライスを注文。2.7ユーロ。
lisbon_31_Oct_13

今日の夕食。ご飯はかなりのボリューム。
で、肝心の味はというと、これがめちゃくちゃ美味かった。(後日、もう一度行く程である。)
久しぶりのちゃんとした飯ということもあるが、Hengeloのカレー屋にひけをとらない美味さである。
しかも、ポルトガル価格で、ビール二本飲んで、チップを含めても14ユーロだった。
(チップは要らないと思うが、美味かったのでチップもあげることにした。)
lisbon_31_Oct_14

美味いカレーを食べて、ようやく旅らしくなってきてスペイン・ポルトガルの2日目が終了。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。