スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liege in オランダ生活37日目

4月4日(日) 雨時々曇り。稀に晴れ。

Liegeの朝市。

地球の歩き方に「Liegeでは朝市が毎週日曜の8時から14時まで開催され、その規模はかなりのもの」っと
書かれていたのが、今回の旅の動機となった。

ってなわけで10時にホテルをチェックアウトして出発。遅っ。
(ちなみにこのホテルは12時チェックイン可、12時チェックアウトで非常に便利)

ホテルはLiege-Guillemins駅近だったので、そこから中心部まではそれなりの距離があるみたいだが、
当然歩いていく。

ホテルを出て10分ほどで聖ジャック教会に到着。
liege1

ただし、日曜の朝ということでミサをやっているみたいなので入らず。

ここからさらに5分ほどで聖パウロ大聖堂に到着。
liege2

もちろん、ここでもミサをやっていた。

教会から更に東に進むとミューズ川がみえ、この辺りからお目当ての朝市が広がっていた。

朝市の光景 其の壱
liege3

朝市ではいろいろと売っている。
花は当然として、、
liege4

鳥もそのまま売っている。
liege5

Liegeの朝市は思っていたよりも規模が大きかった。ミューズ川沿いに600mは店がずらーと並んでいた。
売っているものは、フリッターなどの食べ物はもちろん、日本のコスプレ系の衣装まで売っていた。

一応、スリに警戒したが家族づれやカップルが多いので怪しいのはほとんど居なかった。
ってか自分が一番怪しかったかもしれん。東洋人で一人でぷらーっと歩いてるしね。

ともかく、結構あるいたので(ここまでで一時間ちょい)、屋台で昼飯。
揚げ物は重いので、ビーフン系のものに。3.5ユーロ。結構美味かった。
liege6

ずらーっと出店が並んでいます。(南側を見渡したところ)
liege7

朝市で腹ごしらえを済ましたので、食後の運動も兼ねてビューラン山に登ってみることに。
朝市を抜けて西の方向に10分ほど歩くと、ビューラン山への階段が。
一瞬、ヒヨってしまう光景ですが、ここまで来た以上、登るしかないです。
liege7

ガイドブックによると、373段。階段の直ぐ横は民家です。
さぞ、ここの住人は強靭な脚力をお持ちでしょう。
liege6

やっとの思いで階段を登ると、登って右手に50メートルほど緩やかな傾斜があります。
この傾斜を登って十数段の階段を登ると塔がありました。
ここからでも街は見えますが、お勧めはさらに北東にすすむと樹木の遮りがなくなり、街を見下ろすことができます。

Liegeを望む風景。なんか今回の旅は高いことばっかり登ってますねぇ。
煙と○○は高いところを好むなんて、、まぁ考えないようにしましょう。
liege8

階段の一番上から街を望む。この階段の傾斜は結構急です。
liege9

階段を降りて近くのところにありましたペロンの噴水。
liege10

噴水の近くには、プリンス・エベック宮殿。
liege11

さらに西の方までブラブラ歩くと、教会がありました。ガイドブックにはありませんでしたが、
聖クロワ教会でしょうか?
liege12

教会の内部。趣のある回廊です。
liege13
liege14

街中をブラブラ。流石に日曜日なので店が閉まっていて人がいません。
liege15

雨も止んできたので、再びマーケットへ。人が増えていました。
liege16

この写真がへたくそでよくわかりませんが、いろいろな鳥に混じってウサギもいます。
やはり食用でしょうか。。
liege17

再びマーケットを散策した後は、ベルギーワッフルで締め。1.5ユーロ。
liege18

もう昼を過ぎて1時ごろになっていたので、ミサも終わっていると思い、先ほどの聖パウロ大聖堂へ。
やはりミサは終わっていて中に入ることができました。

この内部は素晴らしいの一言。
liege19

ステンドガラスも美しい。
liege20

まるで絵画のような教会内部。
liege21

宝物殿には「宝物」の日本語が。やはり日本人観光客も多いんでしょうか。
この日は日本人と思われる人は見かけませんでしたけど。。
liege22

次に聖ジャック教会行ってみると、正面扉が閉まっていたんですが、
通りすがりのおばちゃんがこれまたフランス語で後ろからまわると開いてるよっみたいなことを言ってるらしく、
(ジェスチャー&勘でそう理解しました。)実際、裏にまわると扉開いてました。
でも、ジモティが飲み物や食べ物を配ってなにかしていたので、入るのをヒヨってしまいました。。

なんだかんだで、4時間近くの観光を終えてLiege-Guillemins駅に。

モダンなLiege-Guillemins駅。 Liegeはベルギー五番目の都市らしい。
liege23

でも列車は、国際列車らしからぬ。ボロっぷり。
liege24

これにて今回の旅は終了。Enschedeにはここから五時間半かかりました。長いわー。
(帰りはバスに乗る必要もなく、そのままHengeloに着きました。)

Maastrichit/Liegeの旅


<日程>
4/3(Sat)~4/4(Sun) 1泊2日

<行程>
(初日)Enschede → Hengelo → (振替輸送でバス)→ Delden → Zutphen → Nijmegen → Roermond
→ Heerlen(方向間違い)→ Maastricht → Liege-Guillemins

オランダ Maastrichtの街を観光。

(二日目)Liege-Guillemins → Maastricht → Roermond → Nijmengen → Aerhem → Zutphen → Hengelo
→ Enschede

ベルギー Liegeの街を観光。

<旅費>
ホテル代:65ユーロ
食事代その他:30ユーロ
交通費:32.9ユーロ

計16300円也
※外国為替 1ユーロ 128円として計算

<感想>
今回の旅は、あまり天候に恵まれなかったのは残念だったが、要所では晴れ間も見えてそれなりに満喫した。
Maastrichtは聖母マリア教会と地獄門、Maastrichtの街を見渡すことができる聖ヤン教会の塔が良かった。
そして、Liegeには朝市に合わせていくのがお勧め。朝市は正直買いたいものは売ってないが、活気があるので、
ぶらーっと見ているだけでも楽しい。
その他、Liegeではしんどいけれどもビューラン山の階段は味があり良いと思う。
さらに、聖パウロ大聖堂はステンドガラスや趣が素晴らしい。
Liegeはお勧めの都市だと思う。(特に朝市のある日曜)
今回は、高所からの展望と教会を巡ることが多かったが、なかなか楽しかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーんこれだけ見せて頂き

やっぱり
心に響くのは
マネケン??のワッフルでしゅYO-

No title

コメントありがとうございます。
内容が薄い日記みたいなものですが、楽しんでもらえれば嬉しいです。
プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。