スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dusseldorf in オランダ生活64日目

5月1日(土) 晴れ

ホテルの朝食を満喫しつつ、9時にチェックアウトして再び、ケルン大聖堂へ。
昨日は曇りがちだったが、今日は晴れて気持ちが良い。
koln19

天気が良いので、ケルン大聖堂の南塔は登ってみる。
入り口は大聖堂横にあり、入場は2.5ユーロ。
koln20

螺旋階段を500段以上登る。30越えるとこの階段はキツかった。。
koln21

階段を登りきって、上を見上げると南塔上部の建造物が美しい。
koln22

南塔から橋を眺める風景。
koln23

南東には美術館とライン川が望める。
koln24

実際、南塔の展望は柵に囲まれていて、少々残念です。
koln25

よく見ると柵の外にも落書きがあり、どう見ても細い柵の網目からは書けないところにあったりするので、
かつてはこんなに柵で囲まれてなかったかもしれませんね。
koln26

南塔からの景色を満喫した後、中央駅でDusseldorf行きに電車を待つ。
待っている間にICEが来たのでパチリ。
koln27

ちなみにドイツの時刻表はこんな感じなんですが、
時刻表は紙に印刷しているだけです。これなら時刻表が変わる度作り替えなくていいですね。
koln28

KolnからDusseldorfへはREで30分でしたが、その間、ドイツ ブンデスリーガのサポーターでしょうか。
車内で馬鹿騒ぎしていた煩かったです。Dortmundでサッカーの試合があるようで、
チームのユニフォームを着た人を散見しました。

とにかく、Dusseldorfに到着。
今回の旅の隠れた目的の一つがラーメンを食べることであり、欧州で評判のラーメン屋がここDusseldorfにあります。
それは「匠」と「なにわ」です。

Dusseldorfに到着したのが11時半ぐらいだったのですが、匠の方はまだやってないようでした。
日航ホテルのある通りは日本人向けの食材店や料理屋が立ち並んでいるんですが、
時間が少し早かったのが、それとも昨日が祝日で、土曜日の今日がお休みなのかわかりませんが、
どの店もまだ開いていませんでした。

そこで、とりあえず「なにわ」に行ってみました。
dusseldorf1
「なにわ」に到着したのは11時40分ごろでしたが、12時の開店にも関わらず入れてもらいました。
私が一番乗りでしたが、その後続々と日本人やらドイツ人が入店して、結構人気のお店みたいですね。

私は、特製味噌ラーメンを注文。9.5ユーロでした。
日本の価格より少し高めですが、欧州ですからこれは良心的価格でしょう。

なにわの特製味噌ラーメン。+煮卵トッピングで。
dusseldolf2

まず、一口。うん、美味い。
ひき肉に玉ねぎ、もやしに薄切りのチャーシューの具がスープにあってます。
量も結構あり、お腹一杯になりました。

この味は完全に日本のラーメンでした。
ありきたりですが、Enschedeの近くにあればいいのにと思いました。

日本のラーメンを食べたことで、私はなんだか天一のラーメンが無性に恋しくなってしまいました。
天一、欧州に支店を出してくれないかなぁ。

ラーメンを食べた後は、食後の運動を兼ねてDusseldorfの街を散策しました。
また、お腹をすかして「匠」のラーメンも食べたいですしね。

散策途中にあった教会。平日しか開いていないようです。
dusseldolf3

ぼっーと歩いていると偶然、タワーが目に入りました。
結構、遠くにあるようでしたが時間もあったので、このタワー目指して歩きました。
後に、これが災難を招くのですが、、
dusseldorf4

展望台の入場料は3.5ユーロだったかな。
168メートルの展望台から見下ろす風景は最高でした。

dusseldorf6

雄大なライン川が見降ろせます。
dusseldorf5
dusseldorf8

このタワーは展望用にガラスが傾斜を持っていますので、塔の足元まで見えます。
dusseldorf7

展望台からの風景を楽しんだ後は実際にライン川沿いでくつろぎました。

川沿いの遊歩道にはベンチもあって、ここでゆったり川をみながら休むのもいいものです。
dusseldorf9

ライン川に架かる橋からの風景。
dusseldorf10

充分くつろいだのでそろそろ、駅周辺に戻ることにしました。
帰り道に見つけた公園の風景。とても幻想的でした。
dusseldorf11

この公園を後にして暫くすると、歴史的な建物がありました。
dusseldorf12

この辺りは来た時とは全く違う場所でしたが、まぁ適当に歩いてればその内、
駅か元来た道にでるだろうとこの時は気楽に考えてました。。

ですが、10分、20分歩いても全く知らない道のままです。。

少し焦り始めて手元の地図(グーグルマップで一部印刷してきました)を確認しますが、
これが駅からライン川までぎりぎり入るような範囲の地図で日本語も混じっていて
実際、目の前にある通りの名前に一致するところを見つけられません。。

その内、ドイツ国鉄の高架にさしかかるのですが、こんなところでドイツ国鉄を横切るとは、、
もう完全に自分のイメージしていた場所とは違っていました。
よくよく、考えればさっきの塔の位置も全く勘違いしていた訳です。

流石に人に聞かないとヤバイと思ったので聞こうと思いますが、ムキムキタトゥーとか聞く気になれません。。
ようやく、子犬を散歩中のおばちゃんを見つけて道を聞いてみましたが、
英語があんまり得意じゃないらしく(私もですが、、)、
私の地図の時も小さくてよく見えないと言われました。
確かに、こんな街でまさか道に迷うとは予想もしてなかったので、手持ちの地図はショボいのしかありません。。

ともかく、Dusseldorfの中央駅の方向だけ聞いておばちゃんに礼をいって分かれました。
言われた方向に歩きますが、どうも殺風景で目印となるものはなく、電車の時間も迫っているので、
この時は本当に焦りました。

ですが、10数分歩いたところでようやく中央駅を発見!
なんとか帰ってこれた。サンキュー。おばちゃん。

いやー、海外で迷子を経験しましたが、不安ですね。
これが夜だったらマジでヤバかったですね。大人でも泣くかもしれません。w

駅につくと、周辺では人だかりができていました。
なにか抽選していたみたいです。
dusseldorf13

駅近くにはこういった人形が何体か見受けられるのですが、
dusseldorf14

こっちは本物の人でした。
dusseldorf15

結局、迷子になったこともあり、「匠」ラーメンは食べれず。。無念。
次、Dusseldorfに来ることがあればリベンジしたいと思います。
これにて今回の旅は終了です。

P.S. 帰りの電車はEnschede直通だったんですが、Gronauに停車中の数分の内に、
Enschedeまでの切符を買わなくてはいけなくてかなりドキドキした。ギリギリセーフでしたが、、
日本みたいに車内清算できるといいんですが、車掌に聞いたけど無理みたいでした。

ドイツ ケルン・デュッセルドルフの旅


<日程>
4/30(Fri)~5/1(Sat) 1泊2日

<行程>
(初日)
Enschede → Gronau(Westf) → Munster → Koln (ドイツ国鉄)

ドイツ ミュンスターとケルンを観光。

(二日目)
Kolon → Dusseldorf → Dortmund → Gronau(Westf) → Enschede (ドイツ国鉄)

ドイツ ケルンとデュッセルドルフを観光。

<旅費>
ホテル代:45ユーロ(朝飯含む)
食事代その他:50ユーロ程度
交通費:48+6.2=54.2ユーロ

計2万円也
※為替 1ユーロ 128円として計算

<感想>
Munsterは予想以上に教会も美しく良い雰囲気だった。Kolnの大聖堂も
世界遺産らしい巨大な建築物で素晴らしい。特に、南塔からのKolnの街を見下ろす風景は良かった。
Dusseldorfは迷子になるなど想定外なこともあったが、結局ガイドブックには無いようなタワーで
ライン川をゆったりと眺めて過ごすなど、とても気持ちがいいものだった。
どちらかというと観光地化したKolnよりお勧めなぐらいである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。