スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amsterdam in オランダ生活77日目

5月14日(金) 曇り時々晴れ

朝9時半にEnschedeを出発し、2時間程でAmsterdam到着。

Londonへのフライトまでの間、Amsterdamを観光する。
っといってもキャリーを引きながら観光できないので、中央駅構内東側にあるコインロッカーに
キャリーを預けることにする。

一応、このロッカールムーは入口に係員がいてそこそこ安心感があった。
でもX線の装置は壊れているみたいだ。。
ams0

ロッカー。小さめのキャリー(48×37×23cm)だったので、このサイズで十分。
もっと大きい荷物を入れることができるロッカーももちろんあった。
ams1

ロッカーの使用方法は壁に書いてあったが、ロッカーに荷物をいれて扉を閉めた後(この時点でロックされた)、
ロッカー横のマシンにクレジットカードを入れると、自分のロッカーの番号が書かれたシートがでてきた。
自分のロッカー番号を指定してないのにレシートがでてくるということは、
混雑しているときは注意しないといけない。何人もが別々のロッカーに荷物をいれても、
レシートの出てくるマシンは16個程度のロッカーに一つしかない。

※どうやらこのシートが鍵にもなっているみたいで、観光後、ロッカーを開けるときは
このシートをマシンに入れるとロッカーが開いた。

ちなみにこのロッカーは現金を使えなかった。オランダでお馴染の銀行カードか、クレジットカードのみである。
料金は24時間で4.5ユーロだった。
ams2

ともかく、荷物も預けて身軽になったので早速、Amsterdamの観光を開始。
まずは、Amsterdam中央駅。まわりが工事中でごちゃごちゃしていた。
ams3

Amsterdam中央駅からすぐのところにある聖ニコラス教会に入ってみる。
なかなか綺麗な教会であるが、これまで観てきた教会と比べると小さめ。
ams4

さらに別の教会。
ams5

Amsterdamは中央駅を中心に扇形に街が広がっており、何本も川が流れている。
ams6

跳ね橋。
ams7

ぶらぶら歩いて見つけた公園。
ams8

公園前にあるハイネケンのアトラクション施設。ハイネケンはオランダのビールである。
(オランダに来る前まで、ずっとドイツのビールと思ってた。
ガイドブックによると入場料が15ユーロだったので辞めた。
ams9

Amsterdamの観光は、トラムなどを利用すると良いのだろうけど、
今日は時間もあるし、街歩きをしたかったので歩いてみたが、これが思いの他、しんどかった。
結局、ぐるりと2時間以上歩いて、ようやく王立博物館到着。
っが、外まで行列してた。
ams10

並ぶ気になれなかったので、近くのゴッホ美術館に行ってみる。
だが、こっちも行列。
ams11

まぁ、Amsterdamにはこれから何度も来るだろうということで、結局、どちらの美術館にも入らず。。
美術館に入らないので、時間を持て余すことに。。

とりあえず、Amsterdamのモニュメントをパチリ。「I amsterdam」
ams12

途中、お決まりのFritsを食べながらダム広場まで戻る。
ams14

旧教会。
ams15

今度は、飾り窓付近をぶらぶら。
この辺りは、Amsterdamならではといった異色な空間。
流石に写真を撮るとまずいので、写真は無いが、細い路地に小窓が沢山ならんでいて営業中だった。

昼15時ぐらいだったので、観光客も一杯いて一種の観光スポットになっている。
特に危険な雰囲気はない。

ぶらぶらしているとガイドブックに「Hash/Marihuana Hemp Museum」が目にとまる。
オランダでは大抵の街に、いわゆるコーヒーショップがあるので、どんなもんか観てみることにした。
ams13

この博物館、かなり小さい。それでも入場料はたしか9ユーロ程度。
一応、博物館は2か所に分かれて展示されている。
入場料を払ったところには、実際に大麻が栽培されていた。

ガラスで仕切られたその怪しげな部屋はライトで照らされ、扇風機がまわっている。
温度、湿度管理され、大麻が育っている。テレビで見たような光景だ。
日本人からすればかなりアンダーグラウンドな世界である。

ただ、オランダで驚くのは、別に大麻は危険なものだから辞めようとか
そういった目的の博物館でないところだ。

現に、大麻を育てている部屋の横では、チップを払えば吸引できるようなパイプが設置されている。
まぁ、わざわざ博物館で吸うような人はほとんどいないだろうけど、、(もちろん自分もやってないよ。)

実際に栽培してるところが観れたのは衝撃だったが、後は大麻の歴史なり
麻でつくった服なりを展示していた。
日本の七味唐辛子も展示されていた。
一部の七味唐辛子には(もう無いのかな?)、大麻の種子が入っているみたい。
(これはどこかで聞いた記憶があった。)

この博物館でもカルチャーショックを少し受けたが、この日、最も印象に残ったのは
Amsterdamの街の「汚さ」だ。まぁ汚い、汚い。

ゴミがその辺にころがってる。
ゴミ箱もこの通り。
ams16
前日はオランダの祝日だったこともあり、バカ騒ぎしたんだと思うが、、
これだけゴミが散乱してると悪臭もあって最悪だった。

オランダに来て今日、Amsterdamを初めてゆっくり観光してみたいが、
結論からいうと、Amsterdamは観光に向かないと思う。

・美術館以外にあまり観るポイントが無い。
・街は汚い。

オランダに旅行に来てAmsterdamを外すのは難しいと思うけど、
DelftやMaastrichtの方がよっぽど観光に向いている。

ただ、アンダーグラウンドな雰囲気を求める人ならAmsterdamは外せないだろう。
オランダでもAmsterdamだけは違う雰囲気の都市だ。
ファミリー向けの店の横がアダルトショップだったりする。

ともかく、そんなAmsterdamを後に電車でschiphol空港へ向かい、いざLondonへ出発だ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。