スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

London1日目 in オランダ生活77日目

5月14日(金)晴れ

遅延×2

Amsterdamから電車に乗ること10分程度でSchiphol空港に到着。

easyJetで、Schiphol→Gatwick 19:20発のフライトだ。

初めてeasyJetに乗るため、念のためチェックインカウンターが開く直前の
17時過ぎに空港到着。

easyJetは格安航空であり、手荷物一個以外は別料金が発生する。

56x45x25cm以内で20kg以下の制限があるみたいだが、
私がチェックインした感じでは、重さは測られなかったので、
手荷物の重さは厳しくないみたいだった。
ただ、あまりに重すぎると機内に運ぶまでが大変だと思う。
なんせチェックインから飛行機まではかなり遠いし、階段が何度もあったので。。

ともかくチェックインはスムーズに終了。対応も良かった。

ところがだ。

まず、当初の搭乗時間になってもゲートは開かない。
まぁ、このくらいは格安航空なんだから仕方がないと織り込み済み。

予定より30~40分ぐらい遅れて搭乗開始。
easyJetは座席指定がなく、いわゆる早い者勝ちで席に座ることになるので、慌てて列に並ぶ。

ゲートからかなり飛行機まで離れており、かつ階段があるのでキャリーを持ち運ぶのは結構しんどい。
しかし、なんとか飛行機に入り自分の席を確保。
「ふー。これであとは飛ぶだけだな。」っと思ったが全然飛ばない。

すこし動いて飛ぶと見せかけて飛ばない。

イライラが募る。。
結局、エンジンチェックなど時間がかかりフライトは更に1時間遅れた。。
ロンドンまで一時間のフライトなのに、一時間半も遅れるなよ。全く。

ただ、遅延はこれだけで終わらなかった。。

easyJetが遅れたせいで、イギリスGatwick空港に着いたのは21時ごろだった。
イギリスの入国審査は厳しいと聞いていたので少し緊張。

(以前、アメリカの入国審査が厳しくなったせいで、乗り継ぎ便に乗れずにカナダに24時間ほど
かかって到着し、疲れ顔だったのか元からなのか、イミグレーションに連れて行かれ、ねほりはほりと聞かれ、
やっと解放された―っとイミグレを出たとたんに警官にまた審問攻めにされた悪夢が蘇る。)

ただ予想外にイギリスの入国審査は3、4つの質問で早々OK。
オランダに住んでいるのか?どこに?何のため?っといった質問だった。

とにかく、今日はAmsterdamを歩きまわって観光したこともあり、疲れていたので、
少々高いがGatwickExpressを使ってGatwickからVictoria駅まで行くことにする。

GatwickExpressと書いている窓口にて
私「チケットくれ。」
駅員「Express or Regular?」
私「(ん?1等?2等?)Regular」
駅員「どこまでいく?」
私「(ん?GatwickExpressはGatwick→Victoriaだけでしょ?とりあえず)Victoria」
私「あと、往復で。」
駅員「いつ帰るんだ?」
私「月曜」
駅員「あいよ。」
私「クレジットで払います」
駅員「はいはい。じゃこれチケットね。」
私「ありがとさん。」

ん?なんか事前に調べていたGatwickExpressの値段より安いな。。まぁいいか。

って、これ在来線のチケットじゃね?記憶を思い出すと確かに会話で在来線の切符買ってるー。。
完全にGatwickExpress専用のチケット売り場にならんでいると思い込んでいた。。
GatwickExpressは一等車がFirst、二等車がExpressと意味分からん区切りになっているのも混乱した原因だ。

ともかく、自分で在来線のチケットを買ってしまったからしょうがない。。

GatwickExpressと在来線は路線を共有しているので、乗り場もtrackが一つ違うだけだ。

っが、しかし。
電車が動いていない。

GatwickExpressも在来線であるSouthernも全く動いていない。

イギリスの時刻表をみるのは最初よくわからなったが、どうも20分ほど前の電車から動いていない。
Why? どんどん辺りは暗くなっていく。。

キャリーを持ったひとであふれていくホーム。
gatwick1

一時間経過。現在22時半。
今日のホテルには21時半には着くとメールを入れてある。
最悪、ホテルがキャンセルにならないか少し不安がよぎる。

アナウンスがあり、すこし慌ただしい雰囲気になる。
駅員にこの電車はVictoriaに行くのかと聞くとYesと答えた。助かったー。

慌てて電車に飛び乗る。程なくして電車が動き出す。
ある意味、GatwickExpressじゃなくて良かった。

途中、3つほど駅に停車してようやくVictoria駅に到着。
この時、既に23時過ぎ。Victoriaでも改札付近で混乱していた。。

ともかく、これからホテルのあるEarl's Courtまでメトロで行く必要がある。

だが、Londonの地下鉄は極めて高いと聞いていたので、
事前に調べていた「Oyster Card」を手にいれることにする。
このカードを使えば、Londonの初乗りは4ポンド(500円程度)のところ、1.8ポンドに割引されるのだ。

もう半ば遅れ過ぎて、やけっぱちになっていたので、行列しているチケット売り場に並ぶ。
victoria1

15分ほど待ってようやく自分の番。
私「オイスターカードくれ」
駅員「外だ(outside)」
私「なに?外?ここじゃ買えないのか?」
駅員「outside」
私「・・・」

しぶしぶ、言われた方角に向ってみる。
だが、今はもう23時半だ。それらしいチケット売り場も全て閉まっている。。

あの駅員、全部閉まっているじゃねーか―ボケー。っと思いながら、
ここで心が折れて切符の自販機に並ぶ。

ここでも現金が使えない自販機だ。。(どおりで他の自販機より行列していなかった。。)
クレジットカードを差し込む。

切符が出てくる。(ふー。やっとホテルにいける。)
値段が4.5ポンド。0.5ポンド、クレジットカードの手数料取られているやん!
なんかむかつく。

やっとの思いでホテルのあるEarl's Courtに到着。
ここで、幸運だったのは予約していたホテルが駅から激近だったことだ。

もう12時前なので辺りは真っ暗。ホテルが遠かったらタクシー以外では見つけられなかったと思う。

ともかく、ロンドン一日目はこれにて終了。
かなり疲れたので、飲み物だけ買ってきて飯も食わずに就寝。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。