スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

London2日目 in オランダ生活78日目

5月15日(土) 晴れ時々曇り

気合いをいれて7時に起床。
ホテルで朝食を食べて8時に出発。

今日は観光には打ってつけの良い天気だ。
(Londonは雨の街との印象があるから、晴れているうちに色々観光スポットを回らないとな。。)

Earl's Courtから一駅離れたGloucesterRoad駅まで散歩した後、
この駅で昨日買えなかったOysterカードを買うことにする。

私「Oysterカードくれ」
駅員「あいよ。チャージはいくらだ?」
私「10ポンド」

カードの料金を含めて13ポンドでOysterカードゲット!あっさり買えた。
昨日、買えなかったのがなんだったんだ。。
London地下鉄のOysterCard。ikeaのパスケース付。
london0

このOysterカードは料金が割引されるだけでなく、一日の限度額も設定されているため、
たとえばZone1の区間だと一日いくら乗っても5.4ポンドである。

旅行者ならこのカードをゲットして、Londonの地下鉄「UnderGround」を乗り倒すと良い。

早速、このOysterカードを利用して、Londonの観光地を巡ることにする。
まずは、DistrictラインのTowerHill駅で下車。

駅を出るとすぐ目の前に、世界遺産のロンドン塔が見える。
london1

入場券(17ポンド 日本円に換算すると2400円程度 高いー)を購入し、ロンドン塔の中に入る。
london2

歴代国王の宝飾品が展示されている建物。
写真撮影は禁止されていたので、お宝を見せることができないが、金銀、ダイヤ凄かった。
男なので特に宝石に興味もないが、ここはお勧めです。
ちなみに、今のエリザベス二世の即位式の当時の映像も観ることができてとても良かった。
london3

一応、兵士がいる。
london4

ロンドン塔はそれなりに大きいので、まわるのに一時間ぐらいかかった。
london5

次はLondonの超有名な観光スポット。タワーブリッジ。
天気も良かったので、その光景に感動。
タワーブリッジといえば、ロビンマスクを思い出す。
london6

タワーブリッジの上から、テムズ川を望む。
london7

ロンドン塔とタワーブリッジの観光を人通り終えた後、再びメトロに乗り、Monument駅まで移動。
駅を出て直ぐのところにある大火記念塔。
london8

3ユーロの入場料を払って、螺旋階段を登る。(ケルンでもマーストリヒトでも最近よく螺旋階段を登る気がする。)
london9

大火記念塔からの眺め。
london10

眺め其の弐。
london11

再び、Monument駅に戻り、今度はMansionHouse駅で下車。
5分程歩いて、セント・ポール大聖堂に到着。
london12

セント・ポール大聖堂正面。
london13

像の頭の上に、ハトが乗ってた。
london14

オランダやドイツ、ベルギーは教会が無料なところが多いのに、ここLondonはお金を取る。しかも高い。
セント・ポール大聖堂も入場料が13ポンドぐらい取られるみたいだから、少し中をのぞいただけで入らず。

セント・ポール大聖堂を後にしてぶらぶら歩くこと10分程度で、ギルドホールを発見。
しかし、この日は閉まっていた。。
london15

再び、MansionHouse駅に戻り、Westminster駅で下車。
駅を降りるといきなりビックベン登場。あまりに近すぎて最初気付かなかった。。
london16

ビックベンとその横の国会議事堂を眺めつつ、橋を渡っていると、
いきなりジャケットのポケットに花飾りを入れられた。なんだか恵まれない子供に寄付してくれとか言っている。
ガン無視してそのまま歩いていると、あきらめて自分で入れた花飾りを取っていった。あーうっとおしい。
後で「地球の歩き方」をみるとこの手口が書かれていたので、同じようなことをかわらずやってるのだなと思う。

大観覧車のロンドンアイを対岸に眺めつつ、橋をわたり、ビックベンと議事堂をパシャリ。
思っていた以上の景色にここでも感動。
london17

次に、同じミュンスター周辺にある世界遺産のウエストミンスター寺院に行ってみた。
london18

上の写真の左手にある教会。
突然の雨に、暫しここで休憩。
london19

お腹がすいたので、Londonで初めて食べ物を買う。ホットドック2.5ポンド(350円ぐらい)。
正直まずい。日本では100円レベル。
london20

ウエストミンスター寺院から北に歩くと、政府庁舎省や外務省が見えてきて、
london21

今、政権交替で話題の首相官邸。やはり厳重な警備です。
官邸の前ではデモ隊がシュプレキコールを上げていた。
london22

首相官邸をこえるとあるホース・ガーズ。
バッキンガム宮殿の近衛兵の交代はここから出発するようだ。
london23

ホース・ガーズの先の建物。
london24

セント・ジェイムス・パーク。イギリスの公園はとても綺麗だ。
london25

朝一から歩き通しで疲れたので、一旦ホテルに戻る。
ホテルのあるEarl's Courtの駅内。
london26

ホテルに帰って、これからの旅行プランでも考えるかなーっと思ってくつろごうとしたら、

水がでない。

ん?シャワーもでない。トイレも流れない。
なんだこれ!?

こんなことも海外らしいなと諦めてガイドブックを読んで1時間程休憩。
再度、蛇口をひねってみる。まだ水がでない。

だが、お湯は出た。でも水がでないのでめちゃくちゃ高温。

流石にホテルのフロントに言いに行く。
フロントマンに伝えるともうちょっとしたら直しますんでーっとのことなので、そのまま観光に行く。

次はEarl's CourtからVictoria駅まで移動。
歩くこと数分でバッキンガム宮殿が見える。
ただし、5月だったのでバッキンガム宮殿の中は公開されておらず、観れなかった。残念。
london27

バッキンガム宮殿前の石像。
london28

バッキンガム宮殿の横にあるグリーンパークを歩く。
london29

グリーンパークを抜けるとあるGreenPark駅から再びメトロに乗ってBarker St駅に到着。
駅から直ぐ近くに蝋人形で有名なマダムタッソーがあった。
(ちなみにAmsterdamにもマダムタッソーがある。)
入ろうとおもったが、既に5時半だったので、後日にしようと諦めた。
london30

これでホテルに帰るのも勿体ないので、この辺りを散策。
近くにあるリージェンツパークに行ってみる。
かなり大きな公園で、家族連れやらカップルなどで賑わっていた。
london31

再びBaker St駅に戻って、今度はOxfordCircus駅に行ってみる。
ここは、銀座のような場所で高級な店が並んでおり、人も多かった。
london32

オックスフォードストリートから南に歩いてPicadillyCircus駅まで行く。
このあたりがLondonの中心部のようだ。
london33

PicadillyCircus駅からは乗換無しでEarl's Courtに戻り、再びホテルで休憩。
30超えると休憩が必要だ。

夕食はホテル近くのケバブショップでチキンケバブ(5ポンド)をTake Away。ホテルで食す。イマイチ。。

5月のLondonもなかなか暗くならず、22時前にようやく暗くなったので、
夜景を観に再びメトロに乗る。

ライトアップされたロンドン塔とタワーブリッジ。
なかなかの景色です。
london34
london35

次に、ビックベンと国会議事堂。
素晴らしい!
london36
london37
london38

ロンドン塔やタワーブリッジ、ビックベンといった有名なLondonの観光スポットは夜景が特に良い。
昼はかなり人がいたのに、夜はそれほど人がいなかった。

治安も悪いようには感じなかったので、ここはお勧めです。(ちなみにライトアップは0時まで)
これを観れただけでもLondonに来た甲斐があった。

ホテルに帰ると0時過ぎ。今日は朝からよく歩いたので、爆睡でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EnschedeK

Author:EnschedeK
オランダのEnschedeという街で
暮らすリーマンのブログ

外国為替
データ FXFX投資ツール
ランキング投票
クリックする?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。